フードディフェンス(異物混入防止)の防犯カメラ対策

フードディフェンスと言われると耳慣れない人も多いかと思いますが、簡単に言うと「異物混入防止策」のことです。

では実際に、異物混入事件はどのくらい起きているのでしょうか?

東京都福祉保健局の統計データによると、平成23年度には639件だったものが、平成24年度で681件、平成25年度では755件と徐々に増えています。実際にニュースで取り上げられることが多くなってきた印象がありますね。

国民の食生活を安全なものにするためにも、近年「フードディフェンス」に取り組む工場が増えてきました。

あなたの工場は大丈夫ですか?

異物混入

食品工場を経営している人を悩ませる「異物混入」。

規模が大きいほど受けるダメージも大きくなり、最悪の場合は工場閉鎖という事態になりかねません。

「うちの工場はマニュアルも徹底しているし、施設の管理や整備がしっかりしているから大丈夫」と思っているあなた。

あなたの工場では、偶発的なもの、いわゆる「施設管理の問題」と、人為的な「悪意のある行動」のどちらか、はっきりと判別することが出来ますか?


もし異物混入という事態が起きた時、その時のライン担当者に聞いて回る、などの対応をしていませんか?

「ラインの担当者に聞いて回る」などの調査は、手間も時間もかかります。しかも、ラインの担当者が嘘をついている場合、見抜ける人はほぼいないでしょう。


こんな時こそ、防犯カメラが役に立ちます。

食品の安全に対する管理手法

食品衛生

重要な3つの手法と規格についてご説明します。


HACCP
原料の入荷や製造、出荷までの作業工程において、あらかじめ危害などを予測してそれらの危害を防止する為の重要管理点を特定。それらを継続的に監視や記録することにより食品の安全を確保するための衛生管理の手法です。

ISO22000
HACCPによる食品の衛生管理手法を元にして消費者に対する安全な商品提供をする、食品安全マネジメントシステム(FSMS)の国際基準規格です。

FSSC22000
食品安全マネジメントシステムである国際規格ISO22000とISO/TS22002-1を統合した国際食品安全イニシアチブ(GFSI)が制定したベンチマークの承認規格です。

食品の安全と工場を守るための防犯カメラ

食品

食品は私たちの体の中に直接入れるものです。例えば冷凍食品に農薬が入っていて、気付かずに食べてしまったらその人の体調に影響を及ぼします。

最悪の場合は裁判沙汰になり、多額の賠償命令が下される可能性があります。企業にとっては大ダメージです。

 異物混入で一番困るのが「偶発的なもの」か「人的なものか」ということが判別しにくい、という点です。そのようなお悩みは、防犯カメラを設置することで解消されます。

最近ではいたずら目的での異物混入事件も少なくありません。確証がないのにライン担当者に責任を押し付けたりしていませんか?

防犯カメラがあれば、映像が記録されるので「いつ」「どこで」「誰が」「何を」ということが瞬時に判別出来ます。

防犯カメラの専門店、セキュリティ・バーンズでは、防犯カメラをメインとした様々な防犯のご相談を承っております。万が一の異物混入発生時にも迅速に対応できるよう素早いアクセス・最高の映像をご提供します。

どんな防犯カメラがあるの?

防犯カメラと言うと、「映像が不鮮明で判別しにくい」「手元まで見ることが出来ない」というイメージがあるかと思います。セキュリティ・バーンズがお勧めする防犯カメラ「JSシリーズ」なら、鮮明な映像を記録することが出来ます。

例えば40万画素の一般的な防犯カメラでは、全体的に映像がぼやけているので細かいところまでは判別出来ません。200万画素のフルハイビジョンの防犯カメラでは、映像が鮮明に映るのはもちろん、ズーム機能が優れているので手元での細かい作業まで判別することが出来ます。

このような高画質・高品質の防犯カメラを設置することで、異物混入事件が起こった時、すぐに「偶発的」か「人為的か」がわかるので、食の安全を守るのはもちろん、工場の品質向上にもつながります。

セキュリティ・バーンズにお任せください!

最高品質の防犯カメラを扱っているセキュリティ・バーンズでは、プロが的確な場所を選んで防犯カメラを設置するのはもちろんですが、その工場に最も効果的な防犯カメラをご提案します。

まずは一度、ご相談ください!

製品紹介

場所によってはカメラが設置出来ない環境にある場合もあります。ボックス型カメラは被写体までの距離がある場合でもレンズを付け替えることで被写体までの距離を調整することが出来ます。

環境にあったカメラの選定

PTZカメラはハイスピードドーム型カメラ。高性能、精密なレンズ使用しています。

専用のリモコンを接続すれば自由自在にカメラを操作することが出来ます。


ボックス型

PTZタイプ
ボックス型 PTZタイプ
画素数 200万画素 245万画素
レンズ焦点距離 レンズによる 4.8~57.6mmレンズ
最大IR距離
屋内使用
屋外使用 ハウジング必要
赤外線
スマートIR
ワイドダイナミックレンジ
2D/3D DNR
逆光補正
フリッカレス
耐衝撃設計
PTZ

HD-SDI採用デジタルレコーダー

最大で8台のカメラの接続が可能で容量は2TB、最大で4TBまで増設が可能なリアルタイムレコーダーです。


ブルーレイディスクなどで標準動画形式の「H.264] 高圧縮技術で長時間の録画が可能です。
スマートフォンにも対応していて世界中のどこからでも防犯カメラの映像を確認することが可能です。


レコーダー

レコーダー
信号 HD-SDI
圧縮方式 H.264
チャンネル数 8CH
HD容量 2TB
音声入力
音声出力
遠隔監視
バックアップ
スマートフォン対応

ご相談は、セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335

まずは、無料診断 022-738-7335

コメントは受け付けていません。