受光素子




受光素子
読み方:じゅこうそし
光を電気信号として認識する素子のこと。光が当たると電流が流れる。代表的な電子部品としては、CCDやCMOSイメージセンサーなどがある。

監視カメラというものをもっと活用

水難事故は後をたたないがプールにおいてはアナログな監視員という方法だけでなくプール用の監視カメラというものに力を入れてもっともっと事故を防いでいくべきではないだろうか。小学校のプールにおいては教員がついていながらも目が届かず溺死してしまう児童がいるのはたいへん嘆かわしいことだ。

ただこれはある意味当たり前のことでプールの上から見ているだけでは死角が大きすぎる。水中やプールの真上からも監視カメラを使って監視すれば児童の溺死の可能性はぐんと減ってくるのではないだろうか。何箇所にも監視カメラをつけモニタリングを強化すれば事故は必ず防げる筈だ。

事故は水中で起きているのに水の上から監視しているだけだからトラブルが起きてしまうが水中で監視カメラを使って監視すれば異常をみつけるスピードはとても速いのではないだろうか。また現代社会の技術なら監視カメラで監視することにより、おかしな動き、つまり溺れている動きなどを自動解析し、すぐさま救出へとアクションを起こせるのではないだろうか。

監視カメラは確かにどんどん進化しているがその使用の方法も進化させて行かなければ意味は半減するのではないだろうか。




コメントは受け付けていません。