自動追尾システム

自動追尾システム
読み方:じどうついびシステム
画像処理ソフトの画像認識により、行き交う人を自動的に追跡して録画するシステムのこと。

〈ドライブレコーダー〉 

万が一、交通事故に遭遇した際にその証拠として有効なのがドライブレコーダーであるこの機械は、衝撃を感知して自動的に映像を記録するもので事故発生状況が動画として保存されるものである。機種にもよるであろうが、事故前後の30秒間うものを参照させていただいた。

但し、このカタログには全ての事故の記録を保証するものではないこと、裁判における証拠としての効力を保証するものではないことが記載されている。勿論、画像が仮に鮮明に保存されていたとしても、こちら側に重大な過失があることが判明すればその責任は加害者本人にあるもので機械に起因するものではなく、その映像だけでの判断は不可能であるという裁定が下される可能性も存在し、一概に事故の全容が証明されるものでないことを認識しておいたほうがよさそうである。

これも一種の監視カメラの類であるが機種によっては本体設定などは本体だけではできないものもあるようで、機械の設定や記録したデータの確認などには条件を満たしたパソコンなどが必要な場合もあるので購入する際には十分検討する余地はありそうである。但し、妻帯者の場合には浮気してどこかに入ろうとした際に事故でも起こせば生活までもリタイヤしかねないことも考慮したほうがよいのか悪いのかはあなた次第です。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。