タイムラプスビデオ

タイムラプスビデオ
防犯カメラの録画用に使用されていた、市販のビデオテープを引き延ばして録画できる装置。2時間録画のビデオテープを最大960時間に引き延ばして録画することが可能。

現実世界ではあまり意識することのない監視カメラ

物語の世界ではよく出てくる。例えば、SFの世界では監視カメラは大活躍している。SFと一言に言ってもジャンルは様々ではあるが、今回は近未来の管理社会における監視カメラについて考えてみる。この世界では、監視カメラは秩序の象徴であり全く膳なる存在である。監視カメラがあるから犯罪が起こることなく、また起こったとしても犯人は即座に捕まる。その安全性の前では多少の不便など問題にならない。

それ故に世界の人々は平和ボケしていたが実は管理社会のトップが犯罪をしていた。とか、刺激の少ない状況に耐えられない人々は隠れて非合法行為に手を染めた。とかそんなストーリーが展開される。まぁ、最終的には管理社会は崩壊し新たな一歩を踏み出す、というオチがつくのが王道パターンだ。

これは結局のところ、作り手の現状の肯定と平和への若干の羨望を詰め込んだものだろう。平和で安全な社会は欲しいが刺激がないのも楽しくない、じゃあ今のままのほうがマシか。といったところである。私個人的にはその意見には賛成である。少なくとも日本にいる限りはそう思える。この考えが崩れ、監視カメラつきの秩序を欲しがるような荒廃した世界にならないことを祈るばかりである。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。