遅延時間

遅延時間
読み方:ちえんじかん
同軸ケーブルで映像を伝送した際に、実際に映像が転送されるまでの時間。映像の同軸ケーブルは100mあたり約0.5μ秒遅延する。

監視カメラなどのツールは防犯目的や、研究目的で使用されることが多い。

便利なツールはすぐ世に広まり、犯罪目的に利用されることもある。例えば、ATMなどにおける利用が最も分かりやすいのではないだろうか?ATMコーナーのチラシ置き場などに超小型のカメラを仕込んでおく。撮影対象は画面と入力キーである。

何を写すかと言えば、当然暗証番号である。暗証番号さえ分かれば、あとはキャッシュカードを盗むだけである。また、画面を見ておけば残り残高も分かるので、貯金額の少ない“はずれ”を引く心配もない。また、暗証番号を写さずに、現金取りだし口を写しておくことも考えられる。

ATMに自分で引き落としに行くとリスクが高いので、下ろした金をそのまま盗むのである。やはり高額を引き下ろした人を狙う方が多人数を狙うより楽だし、実行する回数も少なくて済む。これは何も良心の呵責が、という話では全くなく、単純に実行回数が増えれば増えるだけリスクも増えるので、なるべく少ない回数で効率よく稼ぎたいというだけの話だ。このような事件は実際過去に発生している。

その対策として、カメラを置けるようなチラシ置き場を設置しないようにしたりはされた。しかし、我々の側でもこのような事例があることを意識し、防犯に努めたい。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。