端子

端子
読み方:たんし
電気回路の端につけることにより、他の回路と接続できるようになる器具。ターミナルとも言う。

よくニュースや天気予報などで定点カメラによる映像が流れることがある。

この定点カメラというものは、観光地や桜・紅葉の名所などに取り付けられていることが多い。その目的としては現在の状態を必要な人に映像として見せることである。対象の現在を監視しその情報を展開するという意味では、この定点カメラも監視カメラということも可能である。

この定点カメラだが、海水浴場にも一部取り付けられている。これを利用して津波対策の一助とすることができるのではないだろうか?例えば、大津波の前には潮が大きく引くことが知られている。この現象を利用して通常の潮の満ち引きより明らかに大きいかどうかをカメラ映像から判断して、津波警報を出すのである。もちろん、気象庁が出している津波注意報などがあるので普通はそんなことを気にする必要は無い。

しかし、今回の東日本大震災のように地震による停電が発生した場合その情報を本当に必要なタイミングで得られない可能性がある。その場合に自治体や民間でも危険を察知できるようにしておくのは重要なことではないだろうか? またこれは災害専用の設備ではなく通常でも使用されるものを利用することが重要である。災害専用設備はいずれ無用の長物と判断される可能性がある。このようなツールで災害に備えることができるのはないだろうか?

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。