ズーム比

ズーム比
ズームレンズの一番小さい焦点距離と一番大きい焦点距離の比。ズーム比が大きいほど撮影時の焦点距離の選択幅が広がり、像の大きさを大きく変えることができる。

レジの防犯カメラを有効活用する。

デパートやスーパーなどの量販店のレジを観察していると、お店によってレジ方式が全く異なります。ある店のレジでは、1万円札をレジに挿入すると自動でお釣りが出てきます。ある店では、金額を入力すると引き出しは自動的に開きますが、自分で1万円札をレジの引き出しに入れ、自分でお釣りを取り出して客に渡しています。後者のレジだと、お金の残高を計算するのも大変ですし、また自分でお釣りを渡さないといけないためミスも少なくありません。

ところで、小売店業界でいう商品ロスの中で万引きに次いで、従業員による盗難が多いそうですが、レジ金が合わないこともよくあるそうです。百円単位ならともかく、5千円や1万円がなくなることもあるそうです。自分でお釣りを渡す方式のレジの場合、まれにあるのだそうです。そうなると、客に間違えてお釣りを渡しすぎたのかもしれないと、レジを担当していた人は真っ青になります。5千円ならありえますが、1万円となると内部者による盗難という可能性も考えられます。

強盗対策にもレジに防犯カメラを設置しているお店は多いですが、レジ金が大幅に合わなかった場合、単にお釣りを渡しすぎたからなのか、従業員による持ち出しがあったのかなどレジ金が合わない経緯を調べることもできます。それにはただ単に、犯罪防止のために防犯カメラをダミー程度に設置するのではなく、鮮明に映像を見ることのできる防犯カメラを設置することが大切です。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。