スイッチングハブ

スイッチングハブ
ハブとはネットワークにコンピューターを接続するための装置のことで、ハブ側のポートとコンピューターのLANインターフェイスを直結することで、ハブに接続したコンピューター同士の通信を可能にする。スイッチングハブはハブの内部にアドレス情報を記憶できるため、この情報と照らし合わせて通常のハブよりもネットワークのトラフィックに大きな負担をかけることなく効率よく複数の相手にデータを転送でき、データの衝突も起こさない。

現代社会ではそこかしこで監視カメラが大活躍

色々な犯罪があるが監視カメラのおかげで検挙率も上がったのではないだろうか。万引きなどの犯罪も店長が一日中監視カメラとにらめっこをしていて万引きを発見すると走って捕まえるといところも多いようだ。そんな時代になったのにまだ監視カメラの存在に気が付かず、お粗末な姿をさらしてしまう人がいることも事実だ。

確かに監視カメラの設置も大切なことなのかもしれないがそれと同時に「悪いことをしたら必ず監視カメラにうつる時代になったんですよ」という現状を多くの人に刷り込んでいくことも必要であると思う。それがある意味監視カメラのもう一つの役割ではないかと思う。罪を犯してしまうかしまわないかで人生は大きく変わってくる。出来心や魔が差すということも人間だったらあるかもしれない。

確かにいけないことだが人間追いつめられるとそんな精神状態になることもあるだろう。そんな時、何をしても監視カメラにうつるんだからと心にストップがかかれば加害者も被害者も減る筈だ。そういう意味でも監視カメラはどんどん普及させて欲しいと思う。監視カメラの増加は検挙率を上げるだけではなく、犯罪を減らす効果も見込める。そういう意味でも監視カメラの働きは素晴らしい。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。