最低被写体照度

最低被写体照度
読み方:さいていひしゃたいしょうど
被写体を撮像するために最低限必要な照度。単位はルクス(Lux)。最低被写体照度が低いほど感度が高く、暗い場所でも撮像出来る。測定基準はメーカーにより異なる。

コンテストに監視カメラを

チェーン店の飲食店で働いていた時に、接客コンテストというものがありました。年に1回、店舗の代表が1名、本社に出向き社員相手に接客をし、社長が接客態度を審査するというものでした。同僚が参加したのですが、人前で上がってしまったのか、社長から表情が硬いと注意を受け結局、賞は逃しました。それはそうです。実際に接客するのと、社長の前で接客を演技するのとでは大きな違いがあります。社長に彼女の日頃の臨機応変な態度を見せたかったです。パチンコ店近くの飲食店でしたので、パチンコで損した客の鬱憤晴らしの彼女の応対ぶりは毅然としていて、目を見張るほどでした。

名ばかりのコンテストをやるなら、各店舗に監視カメラを設置して、社長がスタッフの応対ぶりをチェックするのはどうでしょうか。監視カメラというのは、何も犯罪を防止するためのものだけではないのです。

今の最新の監視カメラは、ネットワークカメラになっていて、WEBサーバー機能を活用して、遠隔地のパソコンから各店舗の監視カメラ映像を監視することができるのです。本社の社長室にサーバーがあるのなら、1画面で全ての店舗の様子を見ることができます。機能によっては音声も聞くことができます。

社長の前ですばらしいマニュアル応対を披露することよりも、実際にクレームをもらった時などにどんな誠実かつ柔軟な応対をしているかが大切だと思います。売上げ数値ももちろん大切ですが、客の応対ぶりも見てほしいと願うばかりです。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。