ネットワークカメラ

ネットワークカメラ 社内LANやインターネット等を使いネットワークに接続し、映像を配信することができるカメラのこと。遠隔地からカメラを調整できるものもあり、離れた場所からリアルタイムに目的の場所の映像を閲覧することが可能。

防犯カメラはその名の通り、防犯目的で使用される。

使用されている場所は様々で、店舗内で使用されているものから、カメラ付インターフォンのような家庭で利用されているものもある。 その防犯カメラであるが、認知度が上がるにつれ“防犯カメラのようなもの”があるだけで一定の効果がでるようになってきた。

それが、防犯カメラかもしれない、というだけで見られているという意識が出てきて犯罪を行うのが躊躇われるのである。 人は見られているという意識を持つだけで、罪を犯しにくくなる。

例えば、店内に目を象ったシールを貼るだけで万引き件数が減ったという話がある。また、ごみの不法投棄がされていた場所にお地蔵様を置いたら、不法投棄が減ったばかりか小さな祭壇まで作られたという話もある。何はともあれ、誰かに見られているかもしれないという意識は人の行動にそれだけの影響を与えるのである。

もちろん、あからさまですぐに見破られてしまうようなものもある。 そういった分かりやすい偽者は逆効果である。 その程度の防犯意識と知識しかないと自ら露呈しているようなものであり、ここでは何をしても見つからないだろう、という意識を与えてしまう。 防犯ツールの正しい運用を行い、犯罪件数が減少することを祈る。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。