モニタテレビ

モニタテレビ
監視用のテレビのこと。監視カメラが写した映像を見るためのテレビ。

デジタルデバイスの技術は急激な勢いで進歩している。

例えば、携帯などの通信機やカメラ、PCの小型化・高性能化などがそれに当たる。この恩恵は様々な所に出ており、例を挙げだしたらきりがない。

一例として、防犯カメラについて考えてみる。防犯カメラがある、というだけで防犯効果があるので、カメラの小型化にそれほど影響はない。高性能になってより鮮明な画像を撮影できるようになったのは大きな影響だが、高画質であることは処理すべき情報量が多いのと同義なので、恩恵というには微妙である。どちらかといえば、通信装置の小型、高性能化、およびPCなどの処理装置の高性能化の影響が大きい。

まず、通信装置の小型、高性能化についてである。まず、有線接続から無線接続でつなげるようになったので、カメラを置く場所の自由度が増した。その分、複数の場所にカメラが設置できるようになった。

また、処理装置の高性能化によって複数のカメラから送られた画像の処理がリアルタイムで出来るようになった。これにより、カメラの監視にかかる労力も減った。また、これらの処理画像の保存も容易になったのである。

こういった技術の進歩は犯罪者にも恩恵を与えるので、いたちごっこの側面はある。しかし、犯罪を思いとどまらせるための一助とはなっているはずである。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。