カメラマウント

カメラマウント
カメラを固定する台座のこと。

整形外科医院の防犯カメラ

整骨院と言えば骨折、骨にひび、腰が痛い、足が痛い、腕が上らない、神経痛、関節が痛む、関節が外れるなど、体を支える足腰、仕事をする肩腕、頭を支える首等、人間の身体として重要な骨格の具合が悪いとき診てもらうのが大切な場所である。

接骨院を昔は骨接ぎ等と言われていた頃もあるが、今の正式の名称は整形外科医院である。整形外科医院も病院の一部ではあるが内科等の病院とは違って消毒液の臭いのあまりしないのが病院の特徴ではないかと思う。整形外科医院であっても不特定多数の患者が診察および治療に訪れるせいか、玄関・受付の辺りに防犯カメラが一応設置はされている。不特定な人が多数訪れても不思議ではなく、長い時間待たされていらいらして診察に来た者同士が喧嘩したり、大声を出したり、他の来訪者に迷惑になる人は次回からはお断りである。

防犯カメラは喧嘩防止のために設置してあるわけではないが、不特定多数の中におかしな人が紛れ込んでいないかを確かめている。診察も治療もしないのにただ訪れて、何かの調査いわゆるスパイ活動をするために来る者がいると言う。

評判の良い整形外科医院と言うのは特殊技能を持った先生がおり骨折の治療についてもレントゲン写真による診断だけではなく触手による診断の天才的な先生もおり他から調査の的にされている。整形外科医院の防犯カメラは色々な役割を兼ね備えているのである。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。