カメラ切換え信号

カメラ切換え信号
読み方:カメラきりかえしんごう
複数のカメラ映像をフレーム、またはフィールドごとに切り替えてタイムラプスビデオに録画する際に、映像を切り替える信号を送る。このときに送られる信号をカメラ切換え信号と呼ぶ。

信用金庫の防犯カメラ

基本的に、地元の中小の会社に融資していたのは、地元の銀行と信用金庫が中心となっていた。信用金庫が徹底したサービスで安定した経営を継続しているが、信頼度の高い地元企業や地元の人々によるお陰であろうと思われる。信用金庫は地元の企業に融資して来た関係から、大企業より中小企業への融資が殆どである。

そのせいもあってか、店内に設置されている防犯カメラの数は大銀行の数よりも少ない。店の広さや現金を取り扱う場所の数によって違うのかも知れない。信用金庫の場合の顧客はまるっきり知らないと言うような人はあまりいないように見えるが、全く知らない人が来る事は当然あるし、場合によっては何かの目的で下見に来ている者もいるかも知れない。

防犯カメラの存在を確認すれば悪い事をしようと企んでいる者でも、多方向からの映像を分析すれば身体の格好からどのような人間の犯行かはすぐ見当がつく。それを知っている者は考えを改めるだろう。

信用金庫は地元の人が多いけれども、地元の人だからという安心は禁物である。地元の人は裏口や窓や2階までの高さとかなど、信用金庫の人さえもが気のついていないところを知っている事も多いので、放置して置くと誘惑に弱い人間の気持を変えさせる原因とも成り兼ねないので今後は裏口、屋外にも防犯カメラが設置されていることが望ましいのである。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。