インターレス

インターレス
飛び越し走査のこと。テレビやモニターなどが、最初に走査線の偶数段目、次に奇数段目の2回の走査に分けて行い、2回繰り返して1枚の画面を作る走査方式。NTSC方式が採用している走査方式。1回目と2回目の走査で輝度差が若干あるので、画面にちらつきがある。動画表示の際はちらつきを抑えることが出来るため、多くのテレビで採用されている。

気になる存在

犯罪を意識している人は、監視カメラをかなり意識して生活しているのではないだろうか。例えば、パチンコ屋で不正を犯すような人間は、かなり監視カメラを意識していているらしく、なかなかその証拠をカメラにうつしてはくれないという。

その手のプロからすれば、監視カメラにうつることなど、素人がやることだと思っているということだが、裏を返せば、プロは常に監視カメラを意識しているということも言えるのだ。パチンコ屋で不正を犯すプロに限らず、監視カメラを常に意識している人間は犯罪に近いのでは?と疑ってもいいのかもしれない。

例えば、善良な人間がATMでお金を引き出す時、監視カメラを気にかけるだろうか。大半の人間は「早く自分の順番が来ないかな」という気持ちでATM前の列に並んでいたり、「今月の給料はいくら振り込まれているかな」とか、「残高、いくらかな」というような気持ちでATMを利用しているものだ。

しかし、キョロキョロと監視カメラを気にする人間というのは、何かしら監視カメラに固執する理由がある筈だ。過去に、現在に、そして未来に、犯罪や不正の可能性を隠し持っているのではないだろうか。監視カメラは善良な人間にとっては、そうそうデメリットはないが、善良でない人間にとっては相当気になる存在なのだろう。

スポンサードリンク



コメントは受け付けていません。