インナフォーカス




インナフォーカス
主にオートフォーカスレンズに使用される技術の一つ。ズームレンズのピントやフォーカスなど、焦点を合わせる機能を、前部にある大きめのレンズで構成されている部分は動かさず、内部の小さめのレンズを動かし、フォーカシングスピードを上げる方法。

記録用カメラとして

あまり知られてはいませんが、法廷の様子が防犯カメラで撮影されるようになったのは、近年のことです。それまでは記録を書き取る、という形でしたが、やはり、そのような方法より、カメラで撮影した方が簡単、確実だということで、数年前から防犯カメラによる記録撮影を行っているそうです。

この場合、使用するカメラは防犯カメラですが、その使用目的は記録なので『記録用カメラ』などと呼ぶと良いのかもしれません。記録用カメラは、今後たくさんの場面で活躍していくのではないでしょうか。

例えば、学校教育においては、授業記録があれば、欠席した児童や生徒が後でその授業を見たり、自宅で見たり出来ますし、父兄がどのような授業が行われているのかを、確認することも出来ます。
教師を監視という感覚ではなく、どのような授業が行われているのかを知ることくらいは、親として必要なのではないでしょうか。

また、産業給食において、その調理状態を記録することは、大がかりな食中毒の原因を特定出来る可能性もあります。現在は検食などで、食中毒時の対策をとっていますが、記録があれば時間経過等もわかるので、より正確な原因究明につながり、その後の予防対策にもつながる筈です。

このように、記録カメラとしてのカメラの活躍も今後必要になってくるのかもしれません。




コメントは受け付けていません。