イメージインテンシファイア(II管)




イメージインテンシファイア(II管)
光を増強する映像増強管。暗視カメラ、監視カメラなどの他に、科学技術研究にも用いられている。

監視カメラと人工衛星

人工衛星に監視カメラが搭載されている事例はすでにメジャーになっている。監視衛星、偵察衛星とかスパイ衛星と呼ばれているモノである。少なくとも、フィクションの世界ではメジャーでちょっとした軍事サスペンスにならまず登場してくるし、SFなどでも多数使用されている。実世界でも冷戦時代から多く運用されている。

もちろん、軍事機密なのでそのスペックや監視衛星がどのルートでどこを見ているかなど詳細なことはわからないが。とは言え、30cm程度の解像度の画像が取れる程度のスペックのものは既に打ち上げられていると言われている。

フィクションの世界では、大気の状態が良ければ新聞紙の文字も読める、なんてスペックのものがあるがそれらが実際に運用されているかどうかはわからない。わざわざ監視衛星なんてものを飛ばすのには2つ理由がある。

一つは高い場所から見ればその分全体が見渡せるため、より有益な情報を得られる可能性が高いこと。もう一つは、そういった技術を育成し、またその技術水準が有ると言うことをアピールすることを周辺諸国に見せ付ける為である。昔から、航空宇宙関連の技術は戦争の為に進化してきたという歴史がある。

狙った軌道に高性能の衛星を上げられるということは、そのままミサイル技術に応用しても相当のものが出来る証明となる。このように、開発背景は不穏であるが、平和利用のみされることを願う。




コメントは受け付けていません。