画素




画素
読み方:がそ
画像を構成する最小単位で、色の付いた点。英語で言うピクセルのことである。画像は画素を規則正しく並べることにより形成されている。

防犯カメラとソーシャルメディア

防犯カメラの目的は当然ながら、カメラを置くことで犯罪を未然に防ぐ、また犯罪が起こったとしても映像を残すことで早期解決をさせることである。設置場所としては、有名どころでコンビニのレジを写していたり、万引き防止用に店舗全域を写していたりする。

また、スピードメーターも速度違反を取り締まると同時にその存在を示すことで速度違反を減少させるのに一役買っている。さて、上記のように犯罪が起こったとしても早期解決させるという意味では、携帯のカメラも防犯カメラと言える時代になってきた。

携帯カメラは常時携帯しているので、何か起こった際にすぐ起動して映像を残すことができるようになった、という理由もある。様々な理由があるが、そのうち一つにTwitterなどのソーシャルメディアとの連携がある。

これは、ソーシャルメディアにより探し人、例えば目撃者など、が発見しやすくなったこともあるが、自分の犯罪自慢をわざわざ画像付きでソーシャルメディアにアップすることで、通報されて逮捕という事例がいくつか報告されているからである。

皮肉ではあるが、軽率に犯罪を行うような人間が軽率にソーシャルメディアを使うことによって、自爆しているのである。このような事例で犯罪抑止効果があればよいが、その効果が出るにはまだまだ時間が必要だろう。




コメントは受け付けていません。