フランジバック




フランジバック
レンズ交換式カメラのレンズ取り付け面をフランジと言い、そのフランジからCCD焦点面までの距離をフランジバックと言う。Cマウント17.526mm、CSマウント12.5mmである。

監視カメラというものがいたるところに設置されている。

小規模なところだと少し離れた子供部屋の様子を監視するカメラもあるし、玄関の来客にしても監視カメラで撮影されているのと同じことだ。しかし、意外に監視カメラがないのが食の世界。厨房に監視カメラがついていることも少ないし、案外客席にも監視カメラという概念は少ない。

けれど特に厨房における監視カメラというのは実は必要なのではないだろうか。例えば衛生管理という観点でいけば、よくある話だが床に落とした食べ物を客に提供することを防止出来たりするし、常温で放置してはいけないものを放置した現場がわかれば食中毒の防止や原因究明にも監視カメラが活躍することとなる。

食といってもその衛生具合や鮮度によっては人の命を奪うこともあるのだから監視カメラがあっても良いのではないだろうか。このような観点で監視カメラを考えているとそのうちに食材をうつしただけでその鮮度や最近数、はたまた栄養価まで自動解析しそうで怖くもなるが監視カメラがそこまでの役割を果たせたら食の安全においてはかなり貢献度があがるのではないだろうか。食の世界の客席となると話は違うのかもしれないがそれでも酔っ払いのトラブルに関しては一役買うのではないだろうか。




コメントは受け付けていません。