演色性




演色性
読み方:えんしょくせい
照明による被写体の色の見えかたの特性のこと。色が自然光で見た色に近いほど、演色性が良いと言える。

検察庁の防犯カメラ

検察庁で働いている国家公務員の人達は給与関係、福祉関係、庶務関係、設備関係、調査関係、取調関係など色々部門があり、そこで働く人も多い。当然、防犯カメラは大活躍だ。

検察庁関係の各地の建物の大きさは色々で、その場所に地方裁判所があるかどうかにかかっていることが多い。ある県の主要都市では、人口も多いが地方裁判所がそこにはないために検察庁は支部と言う名称がついていることがある。もちろん、支部といっても防犯カメラは作動している。

裁判所の近くの検察庁は、そこで働いている人達の出入も多いが、ある事件で所轄の警察署から検察庁へ書類を送られ担当の検察官に取り調べられている人も多い。検察官に調べられている人達の中には被疑者の段階の人から容疑者の段階の人、また多重犯の人もいる。個室で調べられてはいるが、なにが起こるか分らないので防犯カメラを設置しているのは当然の話だ。

取調べで検事は、自分自身が納得できるまで時系列的に、また心理学的にそして物理学的にさらに気象的に一部始終を詳細に尋ねるので、取調べられている方は何の目的で聞かれているのか訳が分らなくなり、いらいらして怒鳴り散らしたりする者もいるようだ。

検察庁はそういった個室だけではなく、案外に不特定多数の人が出入する場所なので防犯カメラは必須の場所なのだ。出入した人の映像を残す必要性はとても高く防犯カメラにも常に期待が寄せられている場所でもある。




コメントは受け付けていません。