エンハンサー




エンハンサー
輪郭補正機能のこと。ぼやけている映像信号を補正し、輪郭を鮮明にするために補正する機能。

監視カメラとハンディカム

監視カメラというと、大掛かりなものを思い浮かべるかもしれない。実際、監視カメラが使われる光景は、大規模な建物だったり、貴重な財産に対する監視だったり、繁華街に設置されていて警察などの公的組織がそれをチェックしている風景がぱっと思い浮かぶところだろう。

しかし、監視カメラとは要は特定のものを見て異常ないかを確認するためのものである。その対象は人だったり、ものだったり、秩序だったりと様々だがそこに変化がないことを見るために使うものではないだろうか?であれば、わざわざ大規模なシステムなど使う必要はない。幸い、今は普通に売られているビデオカメラでも、パスポートサイズ、手のひらサイズ、どこでも持ち歩ける、などとにかく小さいことを売りにしている製品が多い。

また、デジカメの普及とフラッシュメモリの大容量化で画質を気にしなければかなり長い時間映像を撮り続けることができる。これらを使えば、ばれないように特定の対象の変化を見続けるなど大した問題ではない。ちょっと人ごみに紛れればいくらでも映像として残し続けられるのである。

このように、監視カメラと一言で言っても目的によってその形態はいくらでも変えられる。誰かに監視されるようなことは、滅多におこることではないだろうが、その危険性だけはそこら中に転がっているのである。




コメントは受け付けていません。