映像信号




映像信号
読み方:えいぞうしんごう
映像を電気信号化したもので、日本や米国などで採用している映像信号にはEIA(白黒)、NTSC(カラー)の2種類がある。欧州で採用しているものには、CCIR(白黒)、PAL(カラー)、SECAM(カラー)などがある。特殊な映像信号には、Sビデオ信号がある。

経営を良くするスーパーの監視カメラ

スーパーの店内にはレジ担当の従業員以外の従業員は、商品の数量の把握、補充などの業務に忙殺されているようである。万引きを監視している人はそうそう見当たらない。

店内のあちこちに防犯カメラは設置してあるが、どこかでモニターを通して監視している所もなく、人もいないが、一日の内のどこかで録画を再生し確認しているものと思われる。監視カメラで写しだされている映像は、単に万引きの監視用だけの目的で設置されているだけではなく、とある会社の全国的に展開されているスーパーの各店舗では、運営は店長に任せてはいるものの、東京の本社からインターネットを通して売上のデーターばかりでなく店内の活況の度合が一目でリアルタイムに分る様にようになっている。

全国に展開されているスーパーは今や大手コンビニと同じような経営システムを採用しているところが多い。従来からの経営システムに監視カメラを導入することによって、今迄以上に経営計画の立案・実施・問題点の分析・対策等の経営活動が円滑に回転するようになった結果、その会社の業績はかなり改善された。

スーパーで取り扱っている商品は多品種であり、生鮮食料品の場合は賞味期限が短く、販売状況を絶えず把握し補給をしなければならない。売上データーと監視カメラによる店内の映像は、本部の関係者も直接見る事が出来るようになったというのが現状なのだ。




コメントは受け付けていません。