ダイナミックレンジ




ダイナミックレンジ
信号の再現能力を表している数値。信号の最小値と最大値の幅のこと。ダイナミックレンジの数値は、どれだけ細かな信号まで機器が再現できるかを示している。

現在の日本では、監視カメラの存在は必要?

つまり無いほうが正しい状態だが仕方なくおいてあるもの、と考えられている。基本的に監視されるような状況にあるのは、罪人であったり囚われの状態であったり特殊な条件下と考えられているからである。逆に、このような特殊な上許可では監視カメラは必要不可欠なものとなる。

ここでは、その例として刑務所と受刑者を考えてみる。刑務所は当然、刑が確定し懲役刑や死刑が下された受刑者が入所する場所である。大部分の受刑者は自らの罪と刑を粛々と受け止め、刑に服していると思われる。しかし、脱獄を企てる者は必ず存在する。

最近でも、刑務所の壁の修繕中に修繕用足場を利用して脱走したということがあり、大きくニュースで取り上げられた。この時は脱走暦のある受刑者だったようだが、刑務所にいたい人などそうはいないはずなので、隙とチャンスがあれば誰でも逃げ出す可能性はあるのだ。
であれば、その隙を作る刑務官が悪いという話もあるが、彼らも人間であり完璧ではないので、フェイルセーフは必要になってくる。そのための、鉄条網や監視カメラなのである。しかし、今回の脱走劇によりさらなるバックアップ体制が必要なことが分かったようである。




コメントは受け付けていません。