電子シャッター




電子シャッター
デジタルカメラ等に用いられる電子回路を利用したシャッター方式のこと。固定レンズでも適切な露出を得ることができる。屋外の使用では問題ないが、屋内使用時の照明条件によりフリッカーを生じることがある。

監視カメラに対する精神的な抵抗は意外と大きい

見られて困るような事をしている人が嫌がるのは当然だが、そうでない人も嫌がる。何をしているに関係なく、監視されているという状況下にあることが既にストレスとなるのである。どこか分からない場所から、得体の知れない(=自分が知ることのできない)ものから見られている。普通に考えて恐ろしい話である。

故に、監視カメラを取り付ける、という行為は反発を招きやすい。では、このような反発心、嫌悪感を取り除くにはどのようにすれば良いのであろうか?一つは情報の公開である。

特定の人しか見られないようになっているのが心理的抵抗を生むのであれば、誰からも見られるようにすればよい。使用目的が不明確な物は明確にすれば納得できるものになり、心理的抵抗は薄れるはずである。これは例えば桜の名所などで開花状況をライブカメラで見せているものなどを考えればよいであろう。場合によれば花見客などが画像内に映る可能性もある。

しかし、カメラを取り外せというクレームは聞いたことが無い。一般に公開されており基本的にはどこからどのような目的で撮られているかが分かっているものであるのが原因ではないであろうか?このように適正な使い方をすれば監視カメラだって受け入れられるのである。




コメントは受け付けていません。