防犯カメラの動画サンプル映像

このページではアナログカメラとハイビジョンカメラの比較映像や比較画像、フレーム数の比較などをサンプル動画として公開していますので違いを確認してみて下さい。

アナログカメラとハイビジョンカメラの比較動画

比較するのは、弊社で取り扱っている防犯カメラの「40万画素アナログカメラ」と「220万画素ハイビジョンカメラ」の動画と画像です。具体的にどれほど違うのか、動画と画像で比較してみましょう。

映像・画質の違いをご覧ください。

比較の使用カメラ

アナログカメラ
40万画素アナログカメラ

ハイビジョン
220万画素ハイビジョンカメラ

ズーム時の比較

アナログ画像ズーム
40万画素アナログカメラ

40万画素……ズームすると文字は大きくなりますが、周りがぼやけてしまいます。

ハイビジョン画像ズーム
220万画素ハイビジョンカメラ

220万画素……文字の大きさも当然ですが、周りがぼやけることなく綺麗に映っています。

40万画素のアナログカメラと220万画素のハイビジョンカメラでは、画質の違いがはっきりとわかる結果となりました。
220万画素のハイビジョンカメラの方が鮮明で、ズームした時にも周りがぼやけることがないので、万が一の場合でも被写体を鮮明に確認することが出来ます。

防犯カメラの導入を検討中の方には、自信を持って220万画素のハイビジョンカメラをおすすめします!

フレーム数(コマ数)の比較

一般的に動画の映像は静止画を何枚か並べて構成されています。
フレーム数とは1秒間に何枚の静止画を並べるかでフレーム数の値が大きければ大きいほど滑らかでスムーズな映像になり、逆にフレーム数の値が低ければ低いほどカクカクでぎこちない映像になります。

フレーム数の違いをご覧下さい。

 

フレーム数はカメラの映像をレコーダー本体に保存する場合の設定でとても重要になってきます。

フレーム数の値が大きければ動画として見やすい形で保存されるのですがフレーム数の値を大きくするということはその分、容量も大きくなってしまい、レコーダー本体の容量が限られているのでカメラの映像を長く保存出来なくなってしまいます。

その為、カメラの映像をレコーダーに保存する場合、保存しておきたい期間を決めてから保存するフレーム数の調整をする必要があります。

防犯カメラのライブ映像-JR仙台駅付近

弊社が設置した防犯カメラの映像です。

フルハイビジョン対応、200万画素の防犯カメラです。
※配信されている動画は画質を落とし854×480で配信しています。

仙台駅ライブカメラ


型式 LX-HD2041
HD-SDI方式電源分離型屋内外IR防犯カメラ
重量 約1250g
レンズ 電動バリフォーカルオートアイリスレンズ2.8~10mm
画像サイズ Full HD:1920×1080P 30/25fps
HD:1280×720P 60/50fps

防犯カメラの映像

防犯カメラが捉えたE5系はやぶさ

防犯カメラが見たはやて

ハイビジョン防犯カメラは夕方もキレイ

ご相談は、セキュリティ・バーンズに、今すぐお電話ください

セキュリティ・バーンズ仙台は、あなたが今悩んでいる状況を打破する方法を商品を買う買わないに関わらず、無料でご提案させて頂きます。

ただカメラを買って取り付けるだけであれば、弊社以外にも会社は多くあるでしょう。

ただし、
今の問題を解決したいのであればセキュリティ・バーンズの提案がきっとお役に立つはずです。

今すぐセキュリティ・バーンズにお電話ください。

まずは、無料診断 022-738-7335

まずは、無料診断 022-738-7335

コメントは受け付けていません。