マンションオーナーが防犯カメラレンタルを利用

防犯カメラ利用

セキュリティ・バーンズさんより防犯カメラをレンタルし、当マンションに設置をしました。設置前は本当にこれでいいのかと迷いましたが、設置が完了した現在とても満足しています。
設置の検討

これから設置を検討している方にもお勧めしたく、感じたことをお伝えできればいいなと思っています。




どうしてレンタルにしたのか?どうしてバーンズにしたのか?

マンション当マンションには今まで防犯カメラを設置していなかったのですが、マンション住人の希望もあり設置を検討することになりました。

最初に悩んだのは、防犯カメラを購入するのか、レンタルにするのか、リースにするのか、でした。それぞれメリットとデメリットがありますが、私は総合的に見てレンタルが良いと判断しました。

金額の面だけをみると一番安いのは購入です。しかし故障の際や万が一の時に頼ることができません。リースもレンタルよりは安いのですが、こちらもメンテナンス費用が掛かります。また解約期間の拘束があるのがデメリットです。

一般的にレンタルは割高に思われますが、私は決してそんなことは無いと思っています。まず初めて防犯カメラを使用する際に不安なのが、効果があるのかどうか。レンタルなら短期間から設置出来るため、必要ないと感じたら解約できることが利点です。また故障をはじめ盗難や破壊された場合も保障してくれることは大きなポイントだと思います。

購入とレンタル、それぞれのメリット・デメリットとは?

防犯カメラ1購入の場合
メリット :初期費用が安い
デメリット:故障・メンテナンス費が自費。

レンタルの場合
メリット :設置期間は自由。何かあったときに保障がある。
デメリット:レンタル料が掛かる。

私が防犯カメラを設置するうえで重視したのは、『防犯カメラの性能』です。

防犯カメラの性能

限られた費用で性能の良いカメラを使用したかったため、レンタル会社の中でもバーンズさんを選ばせていただきました。相談させていただいた結果、レンタル期間を1年にし、設置も依頼することにしました。

取り付けた機種は?

今回取り付けることになった防犯カメラは、屋外用223万画素ハイビジョンカメラとHD-SDI防犯カメラ専用4CH録画機です。
HD-SDIカメラ
バーンズさんでは、130万画素AHDカメラも取り扱いがありますが、今回長期レンタルにしたためグレードアップも可能とのことでしたので、ハイビジョンカメラにして頂きました。
防犯カメラ専門バーンズでは、長期レンタルにはグレードアップで対応できるメリットもあり。

スタンダードなタイプの130万画素AHDカメラは、アナログカメラのHD画質の意味で高い解像度の映像を撮ることができます。一般的には52万画素の防犯カメラが多い中で、130万画素は鮮明な映像が撮れることが容易に想像でき、通常はこちらの機種でも満足できると思います。

しかし、今回ハイビジョンカメラを取り付けてみてこちらの機種に慣れてしまうと、やはりより高性能なカメラにしてよかったなと思います。このカメラの画素数は223万画素。役立つ機能も多く搭載しています。

アナログカメラとハイビジョンカメラの比較映像

映像がとにかくキレイ!逆光でも大丈夫

このカメラの第一印象は「意外とカッコいい」、そう思えるデザインです。

形はガンタイプ、本体は手の平ほどの大きさの円筒で、おしり部分に軸がついています。色はマットなホワイトで壁や天井の色に違和感無く合わせられます。
かっこいいカメラ

注目すべき特徴は、やはり撮影環境が抜群であるとは限りません。設置をしてみて、「意外と鮮明に撮れていない…」ということがないよう逆光補正のある機種をお勧めしたいです。

  • 画像が鮮明に映るものを選びましょう。
  • 逆光補正のある機種がオススメです。

一概に逆光と言っても穏やかに日の向きが変わっていく日光や、瞬間的に強い光が当たる車のヘッドライトとは特徴が違います。

この機種の逆光補正機能として、BLC機能HSBLC機能があります。

BLC機能は、逆光に明るさを合わせてしまい被写体が黒くつぶれてしまうのを補正する機能で、映したいものを適切な明るさで撮影できます。HSBLC機能は強い光を発する被写体の場合周辺が白っぽく飛んでしまうのを補正する機能で、他の部分への反射を軽減することができます。撮影する場所がどのような光の当たりやすい場所なのかを確認して設定するのがいいと思います。

  • 逆光補正機能には種類があります。
  • 光の当たり方によって選択しましょう。

薄暗くても、夜間でも

マンションに防犯カメラ特筆すべき機能のひとつに、ノイズリダクション機能も活躍します。夜間や低照度の撮影時などに目立つノイズを軽減する機能です。ぷつぷつしたノイズがなくなり、防犯カメラとは思えないほどの綺麗な映像になるのです。

そのほかの機能として、プライバシーマスク機能が便利だと感じました。撮影範囲内で撮影を行わない部分の設定ができるというものです。
カメラ機能

例えば、近所の家の中が見えてしまうような箇所にマスキングできます。今回設置した場所にはそのような箇所は無かったのですが、「ここは個人情報が見えてしまうからカメラを設置出来ない」という考えを覆してくれる機能だと思います。

他にも細かい機能はたくさんあります。防犯カメラを使用しながらそれをうまく活用できれば、またカメラとしての価値も上がってくるように思います。

録画機も文句なし!!

HD-SDI防犯カメラ専用4CH録画機は、分かりやすく使いやすい、その一言に尽きます。
録画機も文句なし
シンプルですっきりとしたデザインで、本体のボタンの数も最小限のため「機能はそんなにないのかな?」と思いましたが、そんなことは決してありません。

マンションに防犯カメラ3まずこの録画機は、カメラ4台まで接続することができます。最初は1台だけの設置であっても、例えばマンションの共有出入口に設置をしていたが、ゴミ捨て場の不法投棄が気になる、駐輪場のいたずらが多い、などの解決策としてカメラを増設することも可能になります。

必要に応じて増やせるというのは利点でしょう。設定については、細かく録画モードを選択できます。

例えば普段は常時録画だけど、何曜日はセンサー録画、○時から○時は録画しないなど、その撮影場所の状況に合わせてスケジュールを登録することが可能です。

また検索や保存も、表示されているカレンダーや静止画を見ながら行えますので、いざという時に操作方法が全く分からないということは無いと思います。スマホで管理

それから、スマートフォンでリアルタイムで監視できること、録画データを確認することが可能なのはとても便利です。常にモニターの前にいなくても気になったらチェック出来るのは管理側としてはとても有難いです。

最後に…

防犯カメラ2

今回、防犯カメラのレンタル期間を1年としましたが、今後の防犯対策を含めてまた前向きに相談させていただこうと考えています。機器をレンタルしたことも満足ですが、セキュリティのプロにアドバイスを頂けたことも大きなメリットだと思っています。

これからレンタルを検討されている方は、一度話を聞いて自分たちの要望に応えられるかどうかをご自身で確認されることが一番良いと思います!きっと満足できると思いますよ。

これからレンタルをお考えの方