従業員の命を守れ!!強盗から身を守る方法




お店に強盗が来た場合、あなたが店員ならばどのような行動を取りますか?

強盗犯は武装していることが多く、金品を盗まれるだけではなく命の危険性もあります。

いざという時のために、強盗に襲われないための対策と襲われた際の身の守り方を十分に考えておく必要があるのです。

愛知県のラーメン店で強盗殺人、250万円が奪われる

9月24日、愛知県春日井市にあるラーメン店において強盗殺人事件が発生、店員の一人が殺害され、もう一人は重傷を負いました。その後の取材から店の金庫に保管していた250万が奪われたことが分かりました。

事件は24日午前7時15分頃、春日井市高山町の「うま屋ラーメン」において店員2人が血を流して倒れているのが発見されました。被害者の一人の荻原典章さん(35)は店の倉庫兼事務所の中で倒れており、後に死亡を確認。頭部は何度も殴られた跡がありました。

もう一人の男性店員(39)は店内のカウンター前で倒れており重傷です。

事務所内にあった金庫は鍵が刺さったまま開いており、中にあった現金250万は無くなっていました。

この日は午前4時まで営業しており、萩原さんらは5時ごろメールで経営者に連絡。その後強盗に襲われたとみられています。

春日井署捜査本部は売上金を狙った強盗殺人事件として現在捜査を進めています。

関連記事ラーメン店で強盗殺人 男性2人流血、1人死亡

今回のニュースのポイント

従業員の一人が犠牲になり、もう一人も重傷を負ってしまった強盗殺人のニュースです。
店員の命をもろともしない犯人の残忍性、そして金庫の中の現金が全て取られていることから計画的犯行であることが想像できます。

お店はこの日は定休日であることから、この閉店後のこの時間が一番現金が多いことを知っていたのかもしれません。

このラーメン店は人気もあり愛知県などで約30店舗ほど展開しており、地元では有名な店だったようです。

強盗に狙われない環境を作ることが大切

今回の事例のように、強盗犯の中でも目的のものを奪うためならどんなこともするような非常に残忍な犯行に及ぶ者もいます。残念なことに正義感ある店員が何とかしようと行動し、逆に命を落としてしまう事件が度々発生しています。

これらの対策としてまずやるべきことは、強盗に狙われない店づくりをすることです。

死角のない見通しの良い店内と防犯カメラの設置、無人となる時間帯や定休日の対策として警報サイレンやセンサーライトなどセキュリティシステムの導入は効果的です。

しっかりと対策をしていることのアピールは、犯罪の抑止力になります。

防犯カメラの性能を確かめたい方はこちら

緊急事態の際には命を”最優先”

そして緊急事態の際には、外部に素早く連絡を取れるようにしておきましょう。

非常通報送信機は、腕時計タイプやペンダントタイプのもの、レジに取り付けられるマネークリップ型、犯人に気づかれないようなマット型などがあります。カラーボールや消火器の設置も有効な対策で、消火器はその重さと丈夫さから時には防犯にも使えます。

そして店を守ることも大切ですが、時には逃げることを考えることも必要です。

緊急時には冷静な行動が求められますが、人は想定していないことを落ち着いて判断することが難しいものです。

安心して働ける環境にするためにも、防犯について、万が一の時の行動について、従業員全体で考えてみませんか。

【ニュース引用元】
Yahooニュース > 売上金250万円奪われる=ラーメン店強盗殺人―愛知県警

どこにでも起こりうる犯罪。しっかりとした防犯対策は、いまや当たり前のことになりつつあります。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。