コンビニ強盗から身を守るグッズを用意しておこう




店舗での強盗で1番多いのはコンビニです。私たちが気軽に利用し、誰でも入れるので便利な反面、危険と常に隣り合わせです。

従業員の人数も少ないのでコンビニ強盗から身を守れるのは自分自身しかいません。何かあったときのためにコンビニ強盗から身を守るグッズを用意しておきましょう。

八戸でコンビニ強盗

青森県八戸市六日町で11月4日の午後1時50分頃にコンビニ強盗がありました。

男が拳銃のようなものと金品を要求するような紙をアルバイト女性店員に見せて脅し、現金10万円程を奪って逃げました。店員や客らにけがはありませんでした。

八戸署は強盗事件とみて犯人の行方を追っています。コンビニは強盗に遭いやすい条件が揃っているどうしてコンビニは強盗に遭いやすいのでしょうか。

他の商店に比べると圧倒的に条件が揃っています。

常に現金があること、誰でも入れること、車を近くにおいても不審がられずすぐ逃げられること、内部の状況が容易に見られること、郊外にあり人目につかな場合もあることです。

また、最もなのが、深夜でも入れることや人数が少ないことです。

それゆえ、最近ではその容易さや少額でいいのでお金が欲しいと思っている若年僧が犯行に手を染めることも多くなっています。

関連記事万引きする女性が増加?!女性の犯罪の傾向とは?

●強盗対策に防犯カメラを検討中の方はこちら

コンビニ強盗から身を守るグッズ

今回の事件では、カウンター内にちょうど女性店員がいたので、それもこのコンビニを狙う要因となったのでしょう。

夜の場合に女性が働くのであれば男性同伴なことが多いでしょうが、昼間であれば女性だけのこともあります。そういった場合に女性1人でも危険な状況を回避するために防犯対策をきちんとしておくことです。

防犯カメラは設置してあるのはもちろんかと思いますが、すぐ対応できるように防犯グッズをきちんと用意しておくことが大切です。

相手がもし逃げても特殊な塗料が塗ってあり逮捕の手がかりになったり、威嚇できるカラーボールを見えるところに置いておくことや、襲われそうになったときに催涙スプレーをすることも有効な手段の1つです。

女性であれば店舗で用意されていなくとも、夜道を1人で歩かなければならないときなどに催涙スプレーは普段からの防犯も兼ねて用意しておくのもいいですね。

関連記事百貨店の万引きの手口と対策

【ニュース】
河北新報 > 八戸でコンビニ強盗 現金奪い逃走中

コンビニは犯罪率が多い場所です。できるだけしっかりとした防犯対策を!
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。