元恋人が不法侵入?




恋人だったときに合い鍵を渡してしまったけれど、別れてしまった。もしその後、元恋人が勝手に家に入っていたとしたらそれは不法侵入の罪に問われるのでしょうか。

そしてどのように元恋人が不法侵入しようとするのでしょうか。

元恋人の不法侵入の手口

元恋人はどのようにして不法侵入をしようとするのでしょうか。

マンションなどの場合、そこの居住者や来訪者を装って入ろうとすることがあります。他の住人が出入りするときに一緒に入るという手口が多いそうです。また、宅配業者や引っ越し業者を装うこともあるそうです。

レアなケースではありますが、オートロックの暗証番号を盗み見て入力して入ることもあるそうです。不審な人がいたら、手元を見られないようにしましょう。それから、非常階段や裏口などから意外にも入れてしまうこともあるようです。正面口がオートロックだからといって油断はできません。元恋人ということであれば、非常階段や裏口の位置などは知っていることも多いかと思います。

このように、元恋人が不法侵入してくる場合、空き巣と変わらないような手口で侵入してくるようです。

防犯カメラの性能をお確かめください。

元恋人の家に勝手に入ると不法侵入になる?

元恋人とは合い鍵を作るほどの仲だったのに、結局別れてしまい、その際に喧嘩別れや突然の別れで相手の家に自分のものを置いたままということってありますよね。置いてあるもののなかに自分の大切なものがあったらどうしようかと悩んでしまいます。もしそうなったらあなたはどうしますか。

元恋人とは連絡すらとるのも躊躇われるので、合い鍵を使用して入ってしまおうなんてこと考えたりしたことはないでしょうか。そんなことを思ってしまった方は要注意です。それは住居侵入罪に問われる可能性があります。

マンションの防犯に防犯カメラを検討中の方はこちら

どうして住居侵入罪に問われるの?

どうして住居侵入罪に問われるのでしょうか。それは、正当な理由がなく他人が住居に侵入してしまうと罪に問われるからです。この場合の正当な理由とはなんでしょうか。それは住居を所有している元恋人から承諾がある場合です。

もし喧嘩別れなどをしてしまった場合、二度と相手に会いたくないし、もちろん自宅に入るのはもってのほかと思うのが普通ではないしょうか。ですので、きちんと相手から承諾を得ていない場合に元恋人の家に入るのは罪になる可能性が高いのです。

もし合い鍵を使用して元恋人の家に勝手に入ろうと思ってしまった方がいれば、罪に問われかねませんのでやめましょう。

記事「うちのマンションは大丈夫」その油断が犯罪を呼ぶ?!

以前に合鍵を渡した元恋人が不法侵入する可能性は否めません。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。