長期休暇は空き巣に狙われやすい?

鮮明な映像での監視が可能




ゴールデンウィークやシルバーウィーク、夏休みなどで旅行に出かける人は多いですよね。

出かける前には旅行先の計画や準備で頭がいっぱいになっていませんか。そんな浮足立っているときに空き巣に家を狙われてしまう可能性があります。

長期休暇は空き巣にとって稼ぎ時

長期休暇で旅行などに出かけるのは最高の楽しみで、長期休暇のたびに旅行に出かけるという人も多いかと思います。

しかし、そんな家を長きに渡って空けるときは空き巣にとってかき入れ時なのです。

旅行を楽しんで良い思い出を作ってきたのに、家に帰ったら家が荒らされていた!なんて事態に陥ってしまったら、良い思い出も途端に悪い思い出に変わってしまいます。

そうならないようにするためにはどのように防犯したらいいのでしょうか。

防犯カメラレンタルの費用とは?

関連記事空き巣はどうやって留守を確認してるの?外出時には注意!

家を普段から防犯対策しているから大丈夫?

普段からホームセキュリティなどしっかりしているから防犯は大丈夫!と自信を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、楽しみな予定を前についつい気が抜けてしまうことも多いのです。

ではいつも以上にどの様な点に注意すべきなのでしょうか。

家を長期間空けるときには、どうしても郵便受けに荷物が溜まってしまいがちになります。

これを目印として空き巣は侵入する場合があります。ですので、空ける期間中は新聞や郵便物を止めてもらうようにしましょう。

他には夜まで洗濯物を外に出しっぱなしにしておくのも空き巣はチェックしているようなので、干すのであれば一目につかない場所で部屋干しをするべきでしょう。

普段から見落としがちな細かな施錠場所もチェックしてから外出しましょう。例えば、トイレ、風呂場、踊り場などです。

また、ホームセキュリティなどをしている場合でもきちんと作動をするかどうかの確認をきちんとしてから出かけるほうがいいでしょう。

防犯カメラレンタルの費用とは?

細かなチェックも抜かりなく!

また、家族の1人だけが意識していても防犯対策は万全とはいえません。

例えば、SNSに旅行先の画像をアップしていたりすると、家にいないのがわかり狙われたりするようです。最近の空き巣はそういったところからも情報収集しているようです。

ですので、家族一緒に旅行するのであれば、子供や他の家族が安易にSNSに位置情報をつけてアップをすることにならないように気をつけましょう。

また、親切にも家の電話で留守電に「○日まで不在です」というようなメッセージを残す方もいるようですが、家にいないということがはっきりとわかってしまい、危険ですのでやめて、携帯電話に繋がるような設定をしましょう。

また、空き巣以外にも放火されないように、放火されやすいような段ボールやごみ箱、ごみ袋などは外に出しておくのはやめ、中に入れておくほうがいいでしょう。

関連記事空き巣が“職業”?!犯行を繰り返す空き巣犯

長期家を空ける時は、万全の防犯対策を!
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。