空き巣に狙われやすい外観って?




一軒家で初めに空き巣が見るのが家の外観ですね。この外観1つをとってもその家に侵入しやすいかしやすくないかがわかってしまうのが怖いですね。

空き巣に対して防犯対策をするうえで外観はどのようにするのがベストでしょうか。

空き巣に狙われるのはこんな外観

空き巣に狙われやすい外観はどんなものでしょうか。

1番考えられるのは、一旦敷地内に入ってしまえば外からはなかなか見えない外観です。

高さのあるブロック塀やフェンスに囲まれていたりすると、一見防犯性が高そうに見えますが、余程高くないかぎり工夫すると乗り越えることもできてしまいます。周りから見えない分、じっくり時間をかけて鍵を開けたり侵入すことも可能になってしまいます。

その他には外観が廃れていること、庭木がうっそうと茂っていることです。木が植えてある場合には木を登って2階に侵入することもできますし、逃げるときにも使用される可能性があります。

空き巣対策に防犯カメラを検討中の方はこちら

防犯性が高い外観は?

逆に防犯性が高い外観はどのようなものでしょうか。

まずは塀やフェンスが足場にならないようなものにすることです。できれば2メートルくらいあるといいでしょう。高めだからといって油断して足場となるようなものを塀やフェンスの側に置かないように注意してください。

さらに防犯性を高めるのであればセンサーライトを取り付けることによって不審な人影が現れたらライトが点灯して威嚇することにもなりますし、もし空き巣に遭ってしまった場合にもそれを見ていた周辺住民がいる頃ライトがついたのかなどを証言してくれて犯人逮捕への手がかりになるかもしれません。

空き巣が使う手口として、訪問客を装ってインターフォンを鳴らすことがありますが、そういった場合に備えて録画つきのインターフォンを利用してさらに防犯性を高めるのもいい手でしょう。

レンタルでの防犯カメラを検討中の方はこちら

意外な外観防犯対策

外観の防犯対策で意外に有効なのがウッドデッキを作ることやガーデニングをすることです。

ウッドデッキは犬を飼っている家で設置していることが多かったりしますが、ウッドデッキを作ることによって犬が窓際やウッドデッキに出ていることが多く、それだけで防犯対策になりますし。

また、ガーデニングをしていれば玄関から出ずにウッドデッキからささっと出て草花に水をやることができるので、普通の家の人に比べて外に出る頻度が高くなります。

出入りが多いと空き巣もどんな時間帯にどうしているのかの把握もしづらいですし、ちょっとした防犯対策になるかと思います。

関連記事空き巣が“職業”?!犯行を繰り返す空き巣犯

家の外観が空き巣を呼び寄せる材料になることもあります。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。