スーパーで使われる防犯カメラ、実はこんな使い方をしていた




防犯カメラといえば、窃盗や万引き、空き巣が起きた時の証拠を撮影するものというイメージが強いですね。

防犯カメラはストア、繁華街のみならず、個人宅や老人ホーム、コインパーキングなど、設置されているところが猛烈な勢いで増えています。

大阪府のデータでは、繁華街に防犯カメラを設置したことにより、自転車泥棒が20%も減少しました。

また、警察庁の資料でも、防犯カメラを設置した繁華街付近では、有意に犯罪率が低下したことが証明されています。

このように、日本の治安維持に欠かせなくなった防犯カメラ。でも、最近の防犯カメラは、防犯だけが目的で設置されているのではないことをご存知ですか?

スーパーやコンビニ、外食チェーン店、果てはライブハウスまで、防犯カメラが防犯用のみならず、効率的な経営手段として使われているのです。今回は、そんな知らざれる防犯カメラの世界をディープに探っていきましょう!

スーパーではこんな使い方もあった!防犯カメラの活用法

防犯カメラのマーケットは年々広がっています。それに伴い、防犯カメラの販売、設置、管理等のサービスを提供する会社も急増中で、熾烈な顧客争いが繰り広げられています。

その中で、防犯カメラを防犯以外のサービスとして提供する会社も誕生しているのです。

そんなサービスを提供している中に、A社があります。A社は防犯カメラの販売や設置管理を行っていますが、防犯カメラを使ったマネジメントを提案・提供しています。A社は防犯カメラをコスト削減の強力なツールとして使えるというのです。

さて、これはどういうことでしょうか?実際に導入しているスーパーの事例を見てみましょう。複数のスーパーを展開するB社は、A社から防犯カメラを購入し、マネジメントに活用しています。B社の担当者は防犯カメラの効果を「陳列に精通したスタッフの負担が減りました」と語ります。

「スーパーの陳列は気温や天候、その日のお客様の出入りなどを把握し、リアルタイムで細々と変更していくのです。この陳列のノウハウを持ったスタッフはそう多くはいません。全店舗に配置するのは困難な状態でした。

しかし、防犯カメラを導入したことで、本部にいたまま、熟練したスタッフが即座に各店舗の状況を知ることができるようになりました」

B社では、防犯カメラを利用して、商品の売れ行きや客層をリアルタイムで把握しています。それを分析した陳列担当スタッフが、各店舗に適切な指示を通達しているのです。

「防犯カメラを導入したことで、スタッフが全店舗を廻る必要がなくなりました。また、スタッフが不在中のタイムラグがないので、売れ筋のチャンスを逃すことがなくなりました。

また、品切れをすぐ発見できます。商品棚をチェックするのは、意外と骨が折れますが、本部に映像を集積すれば、少ないスタッフで効率的にできます。人件費の削減になるのです」

このように、B社では防犯カメラを経費削減の武器として最大限に活用しているのです。

防犯カメラを検討中の方はこちら

防犯カメラが開くマネジメントの可能性

防犯カメラがこのような使い方が出来るようになったのは、安価で高画質の動画を撮影できるようになったためです。これにより、商品や顧客の性別等も鮮明にわかるようになりました。動画をリアルタイム、もしくは録画で分析して、これまでにないタイプの分析を可能としています。

最近はPOSシステムと防犯カメラを組み合わせることにより、自動的に客層と売上データをリンクさせ、ビッグデータを作り上げるシステムも開発されています。

このようなシステムはスーパーだけではなく、外食チェーン店でも活用されています。これは上記のような機能に加え、新人教育にも活用されています。従業員の動きを録画することで、効率的な動き方を指導することがローコストで可能になりました。

フリー画像防犯カメラ作動中

また、貴重品を取り扱う古物商では、商品取引の場を撮影することで、顧客とのトラブル解決に役立てているといいます。

このような可能性を秘めているのが、最近の防犯カメラなのです。

防犯カメラの動画サンプルはこちら

まだまだある防犯カメラのすごい機能を教えます

最先端の防犯カメラでは、なんと全く光源がない場所でもカラー撮影ができるタイプが開発されています。これは、防犯用としては全くの暗闇に設置できるため、泥棒に察されにくいのが特徴です。同時に、医療施設や介護施設での活用も期待されています。

本体だけでなく、分析システムも進化しており、個人宅に設置した場合は家族なのか、それとも不審者なのかを見分けることが出来るシステムが開発されています。それだけでなく、繁華街で一箇所をウロウロしている不審者をクローズアップすることも可能な分析装置も販売されています。

このように、防犯カメラは日進月歩。今後も様々な防犯カメラや分析装置が開発されていくことでしょう。

その時、防犯という目的だけではなく、もっと幅広い活用を創意工夫で作り上げていくことが、今後のマーケティング戦略で常識的になるかもしれませんね。

記事スーパーで使われる防犯カメラ、実はこんな使い方をしていた

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。