介護施設に防犯カメラ? 「監視カメラ」としての必要性




最近、介護施設や障害者施設での利用者虐待のニュースを目にすることが多くなりました。その多くは監視カメラや利用者の家族からの訴えで発覚しています。防犯カメラ(監視カメラ)を導入することで、利用者への虐待という犯罪を抑止できる効果も期待できますが、要介護者の様子を見ることが出来るのも大きなメリットです。

「要介護者のプライバシーの侵害になるのでは?」

当然、このような疑問も出てきますよね。そこで「介護施設に防犯カメラ(監視カメラ)を設置するメリット」について、ご紹介します。

不特定多数の出入りを防犯カメラで記録

老人ホームなどの介護施設には、利用者の家族などが訪れることも多く、人の出入りが多い場所です。職員がすべての利用者の家族の顔を把握するのは、現実的には難しいですよね。出入り口に防犯カメラをすれば、画像は一定期間記録が出来るので、どの人がどの利用者の家族か、あとから確認することが出来ます。

出入り口に防犯カメラを付けるメリットはもう一つあります。不審者の侵入を防ぐのは当然ですが、要介護の利用者の中には、施設を出て「徘徊」してしまう人もいます。職員が目を離した隙に、また夜中など、いつ外へ出てしまうかわからない場合は、利用者に危険が及ぶ可能性もあります。

出入り口を防犯カメラで24時間記録していれば「誰が」「いつ」出入りしたのかがすぐに確認できます。画像を確認すればすぐに対処が出来るので、利用者への安全にも繋がります。

防犯カメラを検討中の方はこちら

居室に防犯カメラ(監視カメラ)を設置するメリットと問題点

防犯カメラ(監視カメラ)は、特に老人ホームなどの「居住型」介護施設で導入されるケースが増えています。介護職の人数は圧倒的に足りず、利用者は増えるばかりで、介護職一人一人の負担も大きくなっています。

職員の負担を少しでも軽減するためにも、こうした「居住型」介護施設で、防犯カメラが「監視カメラ」として活用されているのです。

記事職員のオーバーワークが原因?児童養護施設で児童を守るためには

メリット

居住型の介護施設の場合、夜中でも不測の事態に対応出来るように、職員が夜勤で働いています。ほとんどの利用者が寝ているとはいえ、いつ何が起きるかわかりません。夜勤の場合は一人や二人といった少ない人数で任されることが多く、利用者の居室を見回る労力も大変なものです。

でも利用者の居室に防犯カメラ(監視カメラ)を設置することによって、職員が別の部屋でモニターでそれぞれの利用者の様子を同時に見ることが出来ます。

ベッドから落ちてしまったり、トイレへ行こうとしたらつまづいて転んでしまって起き上がれない、など、なにか起きたときにすぐ対応できるので「利用者の安全を守る」ためにも、防犯カメラ(監視カメラ)の設置は効果的です。

問題点

利用者の居室に防犯カメラ(監視カメラ)を設置することで、問題になるのが「プライバシーの侵害にならないかどうか」という点です。

利用者の中には文字通り「監視されているのがイヤだ」と思う人も多いでしょう。いくら介護が必要な状態であっても、自分の部屋が常にカメラで見られているかと思うと、あまりいい気持ちはしませんよね。居室に防犯カメラ(監視カメラ)を付けることを「プライバシーの侵害」と取るか「安全対策として必要なもの」だと取るか、それぞれの介護施設の方針で判断する必要があります。

職員のサービス向上にも

介護施設に防犯カメラ(監視カメラ)を設置することで、施設の管理者が職員の勤務態度や利用者への対応の仕方などを確認するのにも役立ちます。

利用者に対して不適切な言動をしていないか、サービスはきちんと行われているか、虐待につながるようなものはないか、など、様々な観点から見ることが出来ます。施設の管理者は、利用者への安全を提供すると共に、職員のサービスの向上や人材育成を行う必要があります。防犯カメラ(監視カメラ)を設置すれば、両方の問題を解決する手助けになります。

コンビニや商店街、スーパーなど様々な場所に設置されている防犯カメラですが、介護施設では「監視カメラ」としてその能力を発揮します。「監視カメラ」というと聞こえは悪いですが、その目的は利用者の安全を確保し、職員の負担を軽減すること。少しでも多くの介護施設に導入されれば、虐待などの事件も減るのではないでしょうか。

レンタルの防犯カメラを検討中の方はこちら

利用者の安全確保・職員の負担軽減にはもってこいの防犯カメラです。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。