農家で使う防犯カメラはこんな使い方




農家では、作物の泥棒や鳥獣被害とも戦わなければなりません。そういった外からの侵入者に対しては防犯カメラによって監視をすれば被害を抑えることが可能です。

しっかり設置の仕方に注意すれば犯罪に対する抑止力として期待することができます。また、将来的にも防犯カメラの活躍する場所はかなり増えるでしょう。

さらに、人出が少ない農家でも作業を効率化するといった観点からもカメラを設置するのは最適です。

農家でこんな防犯カメラの使い方があった

農家では防犯カメラの活躍できる場所がたくさんあります。そもそも、農家という生業上たくさんの土地の監視をしなければなりません。

しかし、24時間しっかりと監視できるわけでもなく、さらに土地も広大になると生身で見張るのも無理な話です。監視を怠ったために、収穫物を泥棒されることもあるのです。

そこで、防犯カメラを活用すれば効率的に複数の場所の監視が可能となります。防犯カメラであれば複数設置すれば広大な土地の監視にも役立ちます。管理も簡単なので、どこでどの地点に泥棒が入ったのかも把握できるようになります。

使い方としては、畑やビニールハウス、そして果樹園などの監視をして侵入者を防ぐという方法もあります。また、無人販売所などを設置している農家であれば、無人販売所の監視にも役立てることができるでしょう。

また、農家の被害で多いのは人間による犯罪だけでなく動物による被害もあります。一体どういった動物が犯人なのかどういった対策をすれば良いのか考えるのに防犯カメラは威力を発揮してくれることでしょう。イノシシなのか、あるいはサルなのか、あるいは犬なのかによって対策は異なってくるでしょう。

このように、農家では防犯カメラを重要な個所に設置することで犯行防止、そして無人販売所での窃盗防止、さらには鳥獣による被害の防止に役立てることが可能です。

さらに、広大な土地で農業をやっているのであれば、複数のカメラを設置することで十分監視することも可能です。

記事出荷する農作物を守りたい農家での防犯カメラ使用

畑や田んぼで防犯カメラを設置するときの注意点

畑や田んぼで防犯カメラを設置する場合にはいくつかの注意点もあります。カメラを闇雲に設置すれば良いという問題でもないのです。そこで、どういった点に注意すればいいかここで確認しておきましょう。

耐水性の問題

現在、販売されている防犯カメラはある程度の耐水性を持っているかと思います。しかし、雨が降れば確実に浸水するような個所に防犯カメラを設置すればさすがに機器に故障が起きてもおかしくありません。

雨が降っても、ある程度濡れることはあっても水浸しになるようなことがない個所に設置しましょう。

設置した個所で民家が映り込まないように

防犯カメラを設置する場合は極力、関係のない人が映り込まないように設置しましょう。そのため、設置する場合は極力、大きく民家などが映り込まないように設置すべきでしょう。

個人のプライバシーをも撮影できる機器である自覚を持って運用しましょう。また、管理運営者の責任問題もしっかりとしておくべきです。

侵入してきた者に立ち入りの前の選択を与える

防犯カメラを設置する個所は、しっかりとカメラが作動中であることを明示しておくことが大事です。看板などで防犯カメラが設置している旨伝えることで、十分な明示になります。

また、あらかじめカメラが作動中であることを示すことで、犯行の抑止にも期待することができます。犯人側に、思いとどまらせるという意味でも、防犯カメラ作動中の明示は役に立つことでしょう。

将来必要になってくる農家の防犯対策

将来的に農家での防犯カメラを中心とした監視対策は必要不可欠になってくることでしょう。ゆくゆくは農家として高級作物を作って、ブランド品を作りたいと考えている農家は特に防犯が必要になってくるでしょう。

当然、ブランド品を作るとどうやって作っているのか真似するという競争相手が現れてくるかもしれません。その様な競争相手が、ブランド作物の秘密を知りたいために農作物を盗難していくという事も考えられます。

また、これから天候が安定しない時期も来ると、確実に動物たちの行動も変わってくるでしょう。山で餌となる植物や小動物がいなくなったために、里に下りてくるクマもいるでしょうし、イノシシもこれまで以上に出てくるかもしれません。

まず、このような動物の犯人が誰であるのか分らないまま、生身で監視をしていれば非常に危険です。防犯カメラを設置していれば遠隔監視で安全に誰の仕業かすぐにわかることができるのです。

また、防犯カメラがあれば畑や田んぼの見回りが楽になります。畜産農家にとっては冬の牛車の見回りも防犯カメラに任せることが出来るはずです。普段の労働や作業を、防犯カメラで映像化して楽に監視することも可能なのです。

ある程度、自分の目で確かめてみないといけない状況も出てくるでしょう。

しかし、防犯カメラなら普段の見回り作業から、楽に見回りができるはずです。防犯や普段の作業の効率化のために、カメラを設置するのは賢明な選択となるでしょう。

防犯カメラのレンタル機器のご案内

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。