空撮って何?空撮カメラはこんなもの

空撮って何?空撮カメラはこんなもの




空撮は大体100年前から存在している古典的な撮影方法と言えるでしょう。しかし、飛行機やヘリコプターを利用する必要があり、個人で撮影するまでは普及してきませんでした。しかし、今後は個人でも空撮ができるようにまで普及してエンターテイメントや、防犯対策にまで利用できる公算が立ってきました。

これは、無人のドローンが登場してようやく可能となってきたのです。減りを動かすにも燃料はかかりますし飛行機ではその場で対空することはできません。そこで、ドローンによって色々な活用方法が期待できるのです。

空撮カメラのここがすごい

ふだん私たちは地上で生活をしています。そのため、空からの光景というのはそうそう見ることはないでしょう。あるとすれば、飛行機に乗るくらいなのではないでしょうか。

地上では無くて空から地上を撮影をするというのは結構難しいものです。飛行機に乗りながらでは、身を乗り出す格好になって危ないですからね。そのため、空撮というのはとても魅力のある撮影方法であるのです。

空撮カメラはどこが凄いかというと、やっぱり地上からでは撮影できないような光景を簡単に撮影することができるという点でしょう。

そのため、地上では見れなかったあらゆる光景が空撮によって浮かびあげることができるのです。空からのダイナミックな撮影や、パノラマ撮影には空撮カメラは持ってこいのアイテムと言えるでしょう。空からの土地の状態、建物の密集状態、山の散布、道のうねりくねりがとてもわかりやすくすることが可能なのです。

また、道を歩いている人や自動車などもまるわかりになるのもすごい所でしょう。地上からでは、しっかりとそのターゲットを捉えておかないと全く分りません。以上のように、空撮となれば今まで見ることの出来なかった光景を撮影することが可能となります。それによって、使い方も非常に広範囲にわたるのです。

今まで地上にいるおかげで出来なかったことが、空撮をすることで可能となることはたくさんあるのです。では、具体的にどういった事が可能となるのが、空撮の活躍分野はどこなのか次で確認をしてみましょう。

記事仏像が3Dプリンター製?!最新技術で防犯はこう変わる!

これまでの空撮カメラの活躍とは

空撮で、やはり最初に活躍した場所が軍事分野でしょう。飛行機からの偵察によって敵の位置や情報をあらかじめ確認をしておくことが容易になります。

さらに、飛行機がもっとも多用されはじめたのも第一次世界大戦ごろなので、やはり軍事分野に活用されるのが一番最初なのです。そして、次に利用され始めたのが地形の測定という分野です。やはり、地上からでは分りにくい事も多数あり、その点空にあがかれば位置や距離がまるわかりです。また、最近は防災計画にも空撮が活躍しています。

こういった面から、空撮は行政面でも多数利用されている撮影方法なのです。また、研究分野では植物の繁殖状態や地形の状態などの分野でも活用されています。さらには、単なる個人でもラジコンなどを活用して空撮は利用され始めています。

Youtubeなどで検索をしてみれば、ラジコン飛行機、あるいはラジコンヘリコプターから撮影した景観を見渡すことが可能です。個人によるエンターテイメントとしても空撮は利用されているのです。

以上のように、空撮というのは非常に多数の分野で活用されていることが良く分ります。行政分野による国土の保全や管理のため、あるいは軍事用のためといった目的で利用されている側面があるのです。

さらには、学校の研究のために空撮が活用されることもあります。そして、ラジコンヘリコプターなどが個人でも容易に手に入れることができるようになってから個人撮影による空撮も普及し始めているのです。

記事野球場の防犯システムを徹底解明

今後、空撮カメラの活躍の場

今後は空撮カメラはどういった分野で活躍するでしょうか。個人的には今後は防犯分野で活躍し始めるのではないかと考えています。すでに、警察では結構前から、警察ヘリにカメラを搭載して空から犯人の追跡などに空撮などを活用しています。

しかし、今後もっと普及すると考えるのがドローンを活用した空撮カメラです。つまり、無人気に空撮カメラを搭載することで空からの撮影を可能にするという方法です。既に、インドの警察などがドローンに監視カメラを搭載して防犯と監視に活用をし始めようとしています。

ドローンを長時間動かすことが可能となれば、いわば場所を移動する防犯カメラを手に入れることができるようになるのです。今まで定点からの撮影しかできなかったものが、これからは場所を移動したり静止状態を保ちながら監視をすることが可能となるでしょう。ドローンを活用すれば、容易に空から浮いた場所からカメラで撮影をすることが可能となります。

犯人を監視したり、あるいは犯罪を察知したり、あるいは抑止効果をもたせるためにドローンに搭載したカメラがどんどん活躍するのではないでしょうか。しかも、移動もできるので犯人や犯罪者の追尾にも最適ですし、記録映像としても残すことが可能です。

無人ドローンはまだまだ普及しているという状態ではありませんが、これから普及すればそれに伴ってドローンの監視機能が充実してくるはずでしょう。どんどん防犯対策にも貢献していくはずです。

防犯対策にはカメラも有効的です。

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。