あなたも狙われている。看護師のストーカー対策に迫る。




看護師といえば、白衣の天使等と言われる病院の花形仕事。献身的に患者に接する看護師は病人や入院患者にとってはとても頼もしく、優しさに満ち溢れた存在です。

しかし、最近は看護師を狙った犯罪やセクハラが多発しており、身の危険を感じて退職する看護師も少なくないようです。

そのような卑劣な犯罪に巻き込まれないように、悲しいことですが看護師自身が自衛する必要が生じています。今回は、看護師が自衛する方法について考えていきましょう。

看護師に迫る身の危険

看護師は激務でストレスが溜まる仕事であることは有名ですが、実は犯罪にも巻き込まれやすい仕事でもあります。

特に、セクハラやストーカー被害に会うことが多く、それが原因で仕事をやめてしまう人も出ています。

2010年に行われた調査によりますと、女性看護師の11%が何らかの形でストーカー被害を経験しており、精神的なショックも大きい上、身の危険を感じることも少なく無いというデータが出ています。

ストーカーの内容としては、「家の前で待ち伏せにあった」「家に下着が送りつけられてきた」「電車の中にいつも同じ患者がいる」などがあり、住所を知られて引っ越したケースもあるようです。

なぜ看護師がストーカー被害にあうことが多いのかを考えますと、看護師に優しくされたことで「この人は自分を受け入れてくれる、自分を甘えせてくれる」という歪んだ好意が出るからではないか、と考察もあります。

ストーカーになりやすい人の生い立ちでは「子供の頃から充分に甘えられなかった」「親が自分を受け入れてくれなかった」というトラウマを持っていることが多いと言われます。

もちろん、だからといってストーカーをしていい理由にはなりませんが、看護師が優しく看病してくれることで、このような「甘えていい」という欲求が生まれてしまい、看護師に好意を伝えてしまうことがあるようです。

それが正常な恋愛感情と結びつけばよいのですが、看護師からしてみれば仕事で行っているわけですから、患者に恋愛感情はほとんど持ちえません。そのため、逆恨みをしてストーカー行為に及ぶ人があとをたたないようです。

また、看護師は仕事が不規則で、深夜や早朝に帰宅することもあり、犯罪に巻き込まれやすい環境にあります。

このように看護師とは激務・ストレス過多に加えて、犯罪などにも巻き込まれやすい過酷な仕事といえるでしょう。

記事女性の一人暮らしは「危ない」!防犯対策していますか?

看護師にストーカーがいても捜査してくれない!?

さて、看護師がストーカー被害にあったらどうすればよいのでしょうか。

もちろん、警察に通報する必要がありますが、警察は未だに地域によってはまともに取り合ってくれない場合があります。

また、「特別ひどいことは起きてないから大丈夫です」と平然と返される場合もありますし、特に看護師の場合は「患者を疑うのか」というひどい対応を取られるケースもあります。

そのようなとき、まず一番必要になるのはストーカーされているという証拠を集めること。

実は、ストーカー被害を警察に訴えても、それが捜査されるのは3割にしか過ぎないと言われています。なぜかといえば、「証拠がない」と警察に言われてしまうからです。

それに加えて、先にも書いたように、「看護師なら患者に付きまとわれても仕方ない」というような風潮が警察にはあるようで、なお一層捜査されにくい状態があります。

ですから、ストーカーされていると気づいたら、証拠を自分で集めなければなりません。とりわけ、動画は強い証拠になります。

記事その犯行は見られていた!市民の安全を守る防犯カメラ

看護師たちを危険から身を守る為の防犯対策

このような状態で、看護師が身を守るために必要なことは何でしょうか。それは何よりも「防犯している」という態勢をストーカーに見せることと、ストーカーがいるという証拠を集めて警察に提出することです。

その2つを兼ね備えることができて、比較的安価にできるのが防犯カメラです。防犯カメラは「犯罪現場を撮影する」のが目的で、防犯に使えるの?と思う方も多いと思いますが、防犯カメラには高い阻止力もあります。

たとえば、家のポストに防犯カメラをつけていれば、ストーカーはポストになにか入れることを躊躇します。自分の映像が撮られることをストーカーは極端に嫌がるものです。

また、それでもポストにいたずらしようとするなら、映像が残るため、それが警察に提出する証拠になります。

また、いつも覗きこんでいる電柱の陰などに向けて撮影しておけば、不審者が隠れていると警察に対して捜査を促す強力な証拠になります。

問題は導入するためにコストが掛からないか、ということですが、最近は安く、スマホやタブレット、PCでも確認できる防犯カメラが次々販売されています。

設置する場所や目的によって値段は変わりますが、命を守るためには必要でしょう。

いつも患者に笑顔で対応する看護師はとても大変で素晴らしい仕事です。

ですから、自宅にいる間はゆっくりくつろげる時間を過ごしていただきたいです。

そのために、防犯カメラでストーカーや犯罪者を撃退して、安全を確保していただきたいと思います。

ストーカー対策へのレンタル防犯カメラはこちらから

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。