初心者でもできる!パソコン防衛対策 1




サイバー攻撃は、パソコンを使い始めたばかりの人には未知の領域ですね。

誰からどのように自分のパソコンを守れば良いものか?どのようなWebサイトそしてサービスが危険性をはらんでいるのか?考えることは多々ありますが、まずは個人でできる防衛策を行いましょう。

OSに関する防衛対策

サイバー攻撃のターゲットの1つとして、OSの脆弱性があげられます。脆弱性とは、コンピューターの設計上のミスや問題点などを指します。この脆弱性が残っている状態でパソコンを使い続けると、いつかは不正アクセスやウイルス感染などの、第三者からの悪意ある攻撃を受けてしまうでしょう。OSはアップデートしていきますので、こういったセキュリティの面では非常に重要となります。

例えば2001年に登場したWindows XP、このOSは2014年4月9日にサポートが終了となり、セキュリティの更新プログラムの提供も終わりを告げました。ですので、XPが導入されているパソコンを使うということはサイバー攻撃の被害を受けてしまう可能性のある危険な状態となります。

OSは最新バージョンになるにつれてセキュリティも向上しています。できれば、早めにOSを新しいものに乗り換えることをお薦めします。

ソフトに関する防衛対策

アプリケーションソフトについても、OSと同様のことがいえます。記憶に新しいのが『Adobe Flash Playerのゼロデイ脆弱性を狙った攻撃ではないでしょうか?このような攻撃から逃れるのは、やはりソフトを最新バージョンにアップするということなのです。パソコンに入っているアプリケーションソフトは、最新バージョンを使っているのかを確認しておきましょう。

また初心者でも分かりやすい方法として、セキュリティ対策ソフトを入れておくことです。これが最も手っ取り早く効果的な防衛対策です。

ウイルスやマルウェアなどの脅威は、日々開発されネット上を行き交っているのが現状です。ほとんどのセキュリティ対策ソフトが、このリアルタイムな攻撃に対応しています。

パソコンに始めから入っている体験版などは30日間という期限があるものがほとんどですので、もし使い続けるのであればライセンスを購入しましょう。フリーソフトには、ウイルス検出率の優れたものはたくさんありますが、アンチウイルス対策しかないものが多く、機能性があまりありません。初心者の方は、なるべく有料のセキュリティソフトを購入することをお薦めします。