テナントビルで考えるべき防犯対策




テナントビルは入居している事業所の防犯意識までもしっかりと

テナントビルは防犯意識がおろそかになりがちです。事業所の規模としてはそこまで大きくない所が多いため、盗まれるものがないと油断しがちなのです。そのため、ビル全体が防犯を疎かにしがちです。

また、ビルへの侵入は窓破り、無施錠からの侵入が多いという結果から、施錠や窓ガラスへの対応が必要となってきます。テナントビル全体の防犯システムも必要ですが事業所一つ一つの防犯意識も大事なのです。

テナントビルの防犯対策の注意点

突然ですが、侵入窃盗などの犯罪で一番稼ぎやすいのは、どこへの侵入だと思いますか?実は、一番事業所への侵入が稼ぎやすいのです。事実、2014年では侵入や窃盗事件で一般事務所への侵入は13%の割合で発生しています。

一般事務所には現金はもちろん、手形、株券、などの換金性の高い資産がたくさん保管されています。

特に注意をしなければならないのが、そういった一般事務所がたくさん入居しているテナントビルでしょう。ですから、テナントビルの場合は防犯対策は一戸建ての事業者や個人宅と違うため、いろいろな注意点があるのです。

また、スーツを着用して侵入すればどんな人も怪しむことはまずありません。たくさんの企業が入居していれば関係者であると勘違いされてしまい、問題視されないのです。

ですので、テナントビルの防犯対策としては、侵入のされやすさ、そして複数の企業が防犯意識を持つと同時に、複数の企業の防犯も心がけなければなりません。

テナントビルで一件でも窃盗事件などが発生すればビルの信用に関わります。複数の企業が入居しているのですから、多数の顧客を相手しているのも同然です。テナントビルの運営のためにも、セキュリティー上の信用はしっかりとしなければなりません。

この点、一般的なお店や一戸建ての事業所とは防犯対策もだいぶ異なってきます。テナントビルでは複数の顧客の信用を守り、また侵入しやすい建物であるという前提を持って防犯対策を施すべきです。

防犯カメラの選び方を間違えないためにご相談ください

テナントビルは防犯に無関心!?

テナントビルは、意外と防犯に無関心であるケースが多いようです。そもそも、入居している企業や事業所自体が、あまり高価な物を取り扱っているという自覚を持っていないことが要因です。

また、結局は襲われるのはテナント内の一つの事業所だったりするので、どうしても入居している企業に責任が行きつくこともあるのです。

しかし、今や窃盗されるものは換金性の高いような高価なものばかりではありません。

個人情報のデータや顧客データ、そして企業の提供サービス自体が数値などのデータである所も増えてきています。

個人情報や顧客のデータが漏えいすれば、新たな犯罪を巻き起こしますし、情報を入手した同業他社に悪用されるという事にもなりかねません。

また、いかに高価な物がないとは言え現金や換金性の高い資産を全く保有していないというわけでもないはずです。小さな事業所の場合は少しの現金の流出で経営が円滑に進まなくなる可能性も出てきます。

窃盗されたものは、警察が犯人を特定しない限り返ってこない可能性が高くなります。

また、仮に犯人を特定したとしても、既に犯人が別の人物や団体に窃盗したものを流出させてしまう事もありえます。一度奪われたら二度と戻ってこないと考えるべきでしょう。

取られるものは全くないという油断をするのは止めて、なるべくビル全体で防犯意識を高めていくことが大事です。そのためにも、一個一個の事業所の防犯対策も必要ですが、テナントビル全体の防犯対策も必要不可欠です。

イベント特集防犯カメラもここまで高画質に! 「SECURITY SHOW」レポート

テナントビルに最適な防犯対策とは

では、テナントビルに最適な防犯対策はいかようなモノなのでしょうか。ここで、対策すべきポイントを列挙してみました。

ガラスの対策

テナントビルで多いのが、窓ガラスを割って侵入するというケースです。

テナントビルへの侵入の約42%の割合でガラスを割って侵入する不審者が多いのです。そのため、ガラスを頑丈にしなければならなくなるでしょう。

戸締りの徹底

テナントビルへの侵入で多いのが無施錠個所からの侵入です。複数の企業が入居したり、たくさんの部屋があれば無施錠担っている個所もいくつかあるものです。

不審者はそういった個所から侵入して窃盗を働きます。ビル全体の戸締りも大事ですが事業所ごとの戸締りも徹底しなければなりません。

侵入者検知システムの導入

ですが、いかに窓が頑丈でも戸締りを徹底しても、何らかの方法で侵入されることはありえます。

そのため、もしもの侵入のためにも不審者を検知できるシステムの導入が必要不可欠です。監視カメラ、赤外線センサー、通報システムなどを導入して犯人を検知しましょう。

防犯システム作動の明示

侵入者検知システム等の導入が前提ですが、防犯システムが作動していることを明示するのも大事です。

こうすることで、テナントビル内全体が防犯システムの塊であることを不審者にアピールし抑止効果を狙うことができるのです。防犯システムを設置した個所には、しっかりとシステム作動中であることを不審者にアピールしましょう。

防犯カメラの動画サンプルはこちら

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。