その犯行は見られていた!市民の安全を守る防犯カメラ




今や国内に 300 万台とも言われる防犯カメラ。金融機関や公共施設はもちろんのこと、マンションやアパート、商店街など街中いたるところに設置されています。映像はより鮮明に、録画や保存はより長時間に、技術も進化を続けます。

設置数の増加や機能の向上と同時に、銀行やコンビニなど強盗事件の防犯対策としてだけでなく、街の安全を守るものや、大小問わず事件の捜査に不可欠なものへと、担う役割も広がってきました。そんな防犯カメラのあれこれについてまとめてみました。

防犯カメラの映像が決め手になった事件とは

事件の捜査に不可欠なものとしての防犯カメラの現状を顕著に表すのが、オウム真理教事件の実行犯の一人として、特別指名手配被疑者に指定されていた元信者の逮捕劇です。長年に渡る逃亡に終止符をうったのは、防犯カメラの映像でした。

警察は、金融機関や職場、コンビニの防犯カメラに映った被疑者の姿を連日公開し、市民への情報提供を呼びかけました。顔のみならず、スーパーの防犯カメラに映った、歩き方やしぐさが分かる動画や、タクシーに乗り込む際に少しだけ映った足やかばんの画像なども随時公開。

こうした映像の提供及び公開が、リアルタイムで広く世間の注目を集めるきっかけとなり、市民からの通報、逮捕へと至ったのです。

この逮捕劇の他にも、「黒子のバスケ事件」や「柏通り魔事件」など、防犯カメラの映像が被疑者の逮捕へと導く事例が増えています。

事件が起きた際、捜査が円滑に進むことは、被害の縮小や、迅速な事件解決、その後の犯罪抑止にもつながります。今後、設置数が増え、機能が向上することで、よりいっそう事件の捜査に欠かせないものとなるでしょう。

ただし、防犯カメラを用いた捜査には、映像を安直な証拠とした誤認逮捕やプライバシー保護の問題を持つという側面もあります。機能向上や設置数の増加とともに、捜査時や設置時のルール統一も行わなければなりません。

記事:便利なコンビニに潜む危険…気軽に起こる犯罪!?

導入事例 こんなところに防犯カメラ!

もちろん、大半の防犯カメラは警察の事件捜査に協力する為に設置されるわけではありません。あくまで捜査に役に立つかは結果論。基本は人の安全、建物や財産を守ることが本来の目的です。

例えば、東京都が 2018 年までに都内の全公立小学校の通学路に防犯カメラを設置する事業を始めたのは、当然子どもの安全を守るためです。交通時点多発場所や人通りの少ない場所、意識せず歩いていると気が付かない場所にも、防犯カメラは設置され始めています。

近年導入が増えているのは神社仏閣。防犯関連のサイトには、神社仏閣向けの防犯対策が数多く紹介されています。頻繁にニュースで取り上げられる転売目的の盗難のみならず、賽銭泥棒、いたずらや破壊、放火にいたるまで、神社仏閣は犯罪が多発する場所です。

24時間施錠されておらず誰でも入れる場所や、常に無人の空間も多い為、犯罪において、そこは格好の場所なのです。誰でも入れるという点で同じ田畑もまた、転売目的での窃盗被害に対策が急がれており、意外な防犯カメラの設置場所の一つとなっています。

抑止のため目立った場所に置くカメラや、不審者を監視するために木や建物に同化させ設置するカメラ、タブレットでの遠隔地操作など、目的に応じて多様化されています。

防犯カメラの性能を確かめたい方はサンプル動画をどうぞ

まるわかり!これまでの防犯カメラ歴史

今ではこのように、さまざまな場所に設置されている防犯カメラですが、歴史をひも解くと、そのルーツは、白黒の映像管を利用した工業用カメラにありました。1960 年代当初は、ダムの水位や発電所、工場の管理が目的とされており、現在のような防犯目的で開発されたわけではありません。

その後機能向上や小型化、量産が進み 1980 年代にはカラー化、1990年代にはデジタル化され、技術革新とともに工業用監視カメラから一般向け防犯カメラへと応用がなされてきたのです。

技術が向上すると当然、用途も広がります。かつて、たった 1 カ所を近場でしか監視できなかった状態から、遠隔地で複数カ所かつ多角度からリアルタイムで監視できるまでに進歩しました。

異常事態の監視はもちろんのこと、不審者や侵入者の記録、事件事故の記録、外部犯の犯行抑止のみならず内部の背任行為の抑止まで、防犯カメラが担う役割は、今や人の目以上のものとなっています。

活躍してきた防犯カメラの今後

物から人の安全を守るものへと進化を遂げている防犯カメラ。現在もなお、世界的な規模で設置台数は増加しています。今後、さらなる機能向上や低価格化により、防犯カメラは、個々人にとっても、より身近なものとなるでしょう。国や自治体が大々的な設置事業を行っているわけですから、そのうち一家に一台という時代がやってくるかもしれません。

国内外問わず、大きな事件が防犯カメラの活躍により解決した直後などは特に、その有能性がマスコミに取りざたされ、人々は大きな期待や安心感を持ち、導入が一気に進むでしょう。

しかし、防犯カメラがどのような進化を遂げようと、設置台数が増えようと、油断や過信は禁物です。機能の限られた安価なカメラの導入や、死角を狙えと言わんばかりの安易な設置は、知識のある犯罪者に防犯の甘さを知らしめることにもなります。

本来、防犯とは検挙率の向上や事件の記録が目的ではありません。防犯カメラの進化は、犯罪ありきでの記録機能だけでなく、検挙から抑止へ、監視から防犯へ向かうためになされているということを、忘れてはならないのです。今後もおそらく向上し続ける防犯カメラの優れた機能を誰がどう使うか、使い手の能力も問われはじめています。

防犯カメラを検討中の方はこちら

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。