SNSで知り合った男性に脅された! その時どうする?




TwitterやFacebookなど、SNSを日常的に利用している人は多いのではないでしょうか。

でも中には「顔の見えない相手」とのやりとりで、トラブルになってしまったケースも多発しています。

今回は実際に知人女性の身に起こったSNSがらみのトラブルについて、ご紹介します。

SNSで知り合った男性と

SNSの中には「コミュニティ」という場所があり、同じ趣味を持つ人たちが集まって情報交換をするサービスを提供しているものもあります。

顔の知らない同士でも、同じ趣味や同じような立場の人たちと交流が持てることもあって、コミュニティは人気も高く、利用者も多い場所です。

知人女性は友達募集のコミュニティに加入していて、書き込みを何度かしていました。それを見た人がメッセージを送ってきて、いわゆる「ネット友達」になります。

そうやってある男性と知り合い、メッセージを何度かやり取りするようになりました。

身を守る手段として防犯カメラ。レンタルをご希望の方はこちらからどうぞ。

チャットで悩み相談を聞いていたら

その男性と「ネット上で」親しくなった知人女性は、個人の無料チャットアプリでその男性とチャットをするようになりました。携帯電話の番号も交換し、何度か直接電話でも話しました。

男性は失恋したばかりで、その話を親身になって聞き、励ますなどをしているうちに、相手の男性の態度がちょっと変わってきました。

その時、知人女性には付き合っている彼氏がいましたが、その男性の言葉の端々に「自分への好意」を感じるようになったのです。

「写メも交換してないし、お互いに顔も知らないのに……」と知人女性は思ったようですが、チャットで告白された時にきちんとお断りをしました。

そこから男性の態度が豹変しました。

知人がストーカーに豹変していたら…。

「あんたの個人情報を特定した」

知人女性は「彼氏としては無理だけど、友達としてならいいですよ」と相手の男性に伝え、男性も了承したそうです。

でもその後、チャット中に八つ当たりされたり、文句を言われたり、急に「なんかムカつく」と言われてチャットを強制終了されたりと、男性の言動が不審に思えてきました。

「しばらく連絡がないな」と安心していたら、ある日、携帯に一通のメールが。そこには「あんたの個人情報を特定した」という脅迫めいた文章が書かれていたのです。

住まいの安全対策をとりましょう。

知人女性は恐ろしくなり、チャットの履歴とメールを保存し、近くの警察にメールで相談しました。

翌日、警察から直接電話が来ましたが、「何も起きてないので対応は出来ません」の一点張りです。また「顔の知らない相手とのやり取りを気軽にしないように」とのお叱りまで受けてしまいました。

知人女性はその男性が住んでいる地域のナンバーが付いた車が家の前に来てないかどうか、怖くて怖くて家を出られなかったそうです。

安全対策に防犯カメラの設置を考えている方はこちら

自分の身は自分で守るしかない

深刻な犯罪行為ではないものの、SNSで知り合った人から脅迫めいたメールを送られるなどのトラブルは後を絶ちません。

ネットの世界はほとんどの人が他人です。顔の見えない相手とのやり取りは新鮮な反面、こういったトラブルが起きやすい一面も持っています。

知人女性が受けた精神的ダメージはとても大きく、しばらくはネットを見ることすら出来なかったようです。

警察は「何かが起きたとき」にしか対応してくれません。今回のような「脅迫めいたメール」を受け取っただけでは、まだ事件性がないので対応できないのです。

となれば、自分の身は自分で守るしかありません。ネットで知り合う人たちは、顔も素性もほとんど知らない人ばかりです。そんな人たちが犯罪を起こさないなんて、誰が言い切れるでしょうか?

ネット上、特にSNSでの自分の言動には十分注意して、少しでも「怪しい」と感じたらすぐに縁を切ること、また携帯電話の番号などの個人情報を安易に教えないようにしましょう。

基本的すぎることかもしれませんが、それが出来ていないためにトラブルに巻き込まれる人も多いのです。自分の身は自分でしっかりと守りましょう。

防犯系のフリーイラストを使いたい方はこちらからどうぞ

人と人との繋がりを広げられるSNSだけど、犯罪への道を作ることもあります。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。