資材置き場の防犯対策出来てますか?




資材置き場は宝の山

泥棒側からすれば資材置き場は宝の山です。野放しで保管されている重機や、トラックなどは解体してパーツとして海外に売れば高値で売れるのです。

また、建物で使用される様々な資材も利用価値があり、さらに持ち主の区分もはっきりしないため、ターゲットとしての価値があります。

効率よく工事をしていくためにはこの様な資材の盗難をなるべく防がなければなりません。ですから、特に盗まれやすいような資材や機器を重点的にカメラで監視する耐性が必要です。

こんな資材置き場は狙いやすい

資材置き場は、非常に盗難に遭いやすい施設です。他の施設に比べても、かなり盗難されやすいのです。特に、どんなタイプの資材置き場が盗難に狙われやすいのでしょうか。

そもそも、資材置き場自体がスペースもかなりあり、また収納されているような設備や機材も格納ではなく野放しで収納されていることも多い状態にあります。ですので、資材置き場というだけで狙われることもあるのです。

その中でも特に、資材置き場で狙われやすいのは以下のような資材置き場です

まず、人気の少ない地域の資材置き場です。資材置き場それ自体が工事の都合上、拠点として都会よりも郊外に設置される傾向にあります。

その結果、人気の少ない地域に資材置き場を設置したために侵入する側からすれば入りやすいのです。

また、資材の運搬を迅速に行うために幹線道路や高速道路のIC周辺に設置されるケースも多くなります。当然ですが、これは盗難する側からしてみても、逃げ道を確保する上では絶好の条件です。

ですから、近くの高速交通手段やインフラが整っている資材置き場も習われやすい傾向にあります。

資材置き場がこのような、郊外、そして幹線道路やIC周辺に設置されるのは効率よく工事を行うためです。

ですが、逆に盗難する側からすれば、これらの条件が資材置き場で盗難しやすい状況を形作ってしまっているのです。

ですので、とくに上記のような好条件がそろっている資材置き場は防犯意識を高める必要があります

資材置き場にこんな防犯カメラどうですか

このような犯行が行われやすい資材置き場に有効な防犯カメラはどのような物が良いのでしょう。いくつかのポイントを挙げてみました。

犯行が鮮明に録画できていること

資材置き場は非常に広いスペース内に設置することになります。コンビニなどのカメラに比べて解像度が非常に高くて、さらにズーム機能もあると良いでしょう。

逆に、解像度が低いカメラだと、どのような人物なのか特定することも難しく、また場合によってはカメラの増築をしなければ対応できないこともあるでしょう。

侵入者を威嚇できること

最近は、防犯カメラにオプションとして合成音声スピーカーを取り付けることが出来るようになってきています。遠隔監視で犯人を捉えても、その場で威嚇をすることができるようになっています。

また、EL点滅警告版なども取り付けると、さらに威嚇効果が高くなることでしょう。実際に、犯人を映像でとらえても追い返すことが出来なければ意味がありません。威嚇できるということを意識した防犯カメラが必要かもしれません。

取り外し式であること

取り外し式であると、別の区域の監視に利用することもできます。資材置き場は、いずれ工事などが終わればいずれ撤去されることになります。

そうなりますと、資材置き場で使用する防犯カメラも取り外しが簡単で、また別の工事に利用できるものが望ましくなります。

また、取り外し式であればローテーションをしっかりと組んで、少数のカメラで広大な敷地の監視も可能になるというメリットもあります。

記事資材置き場の防犯対策出来てますか?

資材置き場で狙われやすいものはどんなもの?

しかし、やはり広大なスペースを管理するとなると、膨大な量のカメラが必要になってしまいます。そこで、カメラの設置台数も節約する必要があります。

あらかじめ狙われやすいものを重点的に監視しておくとカメラの設置台数を抑えることができるでしょう。

では、どのような物が盗難に遭いやすいのでしょうか。

建築資材やケーブル、水道管、鉄板などの資材

建築資材やケーブル、水道管、鉄板などの資材は持ち主が不明確で、建物に収納することもありまりないため、屋外に保管されている事がほとんどです。そのため、狙われやすく盗難されやすいものになります。

重機・トラック

重機やトラックなども狙われやすい機器です。実は、重機やトラックなどは解体したパーツが海外では高値で売れるのです。

そのため換金性が非常に高いため、重機やトラックを重点的に狙う泥棒も多いのです。

資材、そして重機やトラックなどを重点的に屋外で保管している資材置き場はかなり狙われやすい傾向にあります。

しかし、逆に狙われやすいものが分ればあとは、保管している場所周辺に監視カメラを設置すれば大丈夫です。

資材置き場は非常に広いスペースのある施設ですが、泥棒側も全部盗もうとは思いません。

換金性の高いものを効率よく盗むことが大事ですから、狙われやすいものの周辺にカメラを設置すれば効率よく監視ができます。

膨大なスペースを監視する必要はありませんので、せめて少数でもカメラを設置して防犯体制を高めていきましょう。

防犯カメラのQ&Aはこちら

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。