学習塾でも考えられる犯罪はこれ




学習塾は学校と同程度の防犯意識を

子供の学習塾への参加は新たな、犯罪が生まれる隙を作りだしかねません。学習塾への登下校は子供を一人にしてしまう時間帯が出てきます。

また、子供の個人データも集積されるため、個人情報の漏えいのターゲットともなりえます。子供に危害を与えるという直接的な犯罪も起こり得るでしょう。

ですので、学習塾も学校と同レベルの防犯意識を持って生徒を保護しなければなりません。対策すべきポイントはたくさんあるので、ここでじっくりと抑えておきましょう。

こんな学習塾は狙われる

昨今は学習塾でも犯罪に巻き込まれたり不審者に狙われたりする事件が多発するようになりました。学習塾全般がもちろん、狙われるというわけではありません。では、どういった学習塾が狙われる傾向にあるのでしょうか。

まず、子供の通塾が夜遅くまでなされている学習塾は狙われやすいと言えるでしょう。夜遅くとなると、どうしても昼間以上に人通りが少なくなります。

また薄暗いと、どうしても不審者を発見しにくくなってしまいます。そのため、夜遅くまで営業している塾は狙われやすいと言えるでしょう。

また、防犯意識の低い塾も狙われやすくなります。防犯カメラを設置していても、盗まれるものが少ないと油断してしまうため不審者が侵入しやすくなってしまうのです。

また、防犯意識の低い塾は保護者による送り迎えの推奨もしていない可能性もあります。防犯意識の低い塾は子供が一人になる時間帯をどうしても作り出してしまう可能性があるのです。

さらに学習塾の指導教員の指導も徹底されていない所も危険です。当の保護する側の塾の指導教員が子供に手を出す犯罪も増えてきています。

そのため、塾自体の防犯意識だけでなく指導教員の教育も必要不可欠なのです。

このように、犯罪に巻き込まれやすい塾は防犯意識の低さや夜まで営業しているところ、そして塾の指導教員の教育が徹底していない可能性があります。夜まで営業しているのは仕方ないとしても、防犯意識の低さ、指導教員の教育の不徹底は致命的と言えます。

カメラの画像数を確認したい方はこちら

学習塾で考えられる犯罪はこれ

では、学習塾ではどういった犯罪が考えられるのでしょうか。

学習塾では大きな機材を持ちません。ですが、学習塾ではやはり生徒の個人情報を扱うことになります。

そのため、学習塾でも十分、個人データの漏えいやデータ情報を扱うパソコンの盗難は考えられます。個人情報の漏えいはさらなる犯罪を起こしかねません。学習塾のほうにも責任が問われることになるでしょう。

そして、次に考えられる犯罪は、生徒への危害でしょう。塾となりますと、学校から塾への移動が必要となります。

その間は生徒は、どうしても一人になってしまう事もあり、犯罪に巻き込まれる可能性が出てきます。誘拐、暴行、ストーカーなどの犯罪が生徒の登下校中に起こり得るでしょう。

また、生徒への暴行や危害が塾内部でも起こらないとも限りません。外部の者の犯行も考えられますが、内部の者の犯行もありえるでしょう。外からの監視も必要でしょうが内部者の監視も必要になるかもしれません。

このように、学習塾といえども多種多様な犯罪が起こり得る場所でもあるのです。個人情報の漏えいや、生徒への危害が一番、考えられる犯罪です。外部からの犯罪も起こりえますし、内部者による犯罪も考えられるのです。学習塾の講師が以前、生徒の命を奪ったという犯罪もありました。

また、学習塾の場合は生徒の登下校中の対策も全く打たないで済むというわけでもありません。登下校中に対しても学習塾は防犯対策を施さないといけません。

理想の防犯対策

では、具体的にはどういった防犯対策が必要となるのでしょうか。ここで、列挙してみました。

外からの侵入者の監視

内部者も犯罪を起こす可能性はあるとはいえ、やはり一番考えるべきは外部の不審者への対応でしょう。

外部からの侵入者に対しては監視カメラを設置したり、あるいは赤外線センサーを設置したりなどの監視機能を充実させる必要があります。

外からの侵入者への対応

外からの侵入者が生徒に危害を与えるという目的で侵入した場合、監視体制だけで退くとは限りません。

そのため、講師一人一人が生徒に危害を与えようとする侵入者に対応できるようにすべきです。防犯アイテムなどを利用して侵入者を撃退するよう訓練しておくべきかもしれません。

保護者に送迎を推奨する

学習塾に通う子供は、登下校中1人にならないようにすべきです。

そのためにも、一番確実なのは保護者に送迎を推奨し、自分で子供の送り迎えをさせることです。

また、塾の講師も直接、外へ出て登下校する生徒の見送りや出迎えをすべきでしょう。そうすることで、塾周辺の犯罪を防ぐことが出来るはずです。

通学ルートの安全を確保する

塾の講師全員で出来るわけではありませんが、生徒がとっさに駆け込める場所なんかも確保し、紹介することも大切です。

コンビニエンスストアやガソリンスタンドなど、子供110番になりそうな所にお願いをして通学路の安全を確保していきましょう。

塾の講師の教育の徹底

以前、塾の講師が生徒の命を奪うという事件がありました。そのため、塾の外部の不審者の監視はもちろんですが内部の者の監視や教育の徹底も必要でしょう。

防犯カメラにはレンタルもございます

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。