ホテルでの防犯対策を考えた場合のポイント




ホテルと言えば、ある程度お金を持った人たちが集まる場所であるというイメージがあるのではないでしょうか。実際、ホテルに普通に泊まることができるのはある程度の所得がある人たちに限られます。しかし、そうなりますと多額のお金や貴重品を持ってくる人たちもいるでしょう。

そのため、ホテルでは窃盗や置き引きなどの犯罪が多発する場所でもあるのです。ですので、ホテルにもしっかりとした防犯対策が必要となってくるのですね。

ホテルで考えられる犯罪被害

ホテルは人がたくさん集まり、その分だけ貴重品などもたくさん集まる分、犯罪に巻き込まれることが多い場所です。具体的にはホテルでどういった犯罪画などが起きやすいのでしょうか。

まず、よくあるのが置き引きではないでしょうか。ほんの一瞬目を離しただけで、荷物が無くなっているという事例はホテルではたくさんあります。

また、置き引きはホテルに限らず、レストランや空港などトラベルに関連でお世話になる施設ではよくあることです。また、盗難などもホテルでは起こりやすい犯罪の一つでしょう。

ホテルの鍵を付け忘れたりすれば、盗難のターゲットになってしまう事は間違いありません。また、海外のホテルなどは強盗なども考えなければなりません。日本は世界でもまれにみる犯罪が少ない国家である分、他の国に行けば強盗などもより直接的な犯罪に巻き込まれる危険性は十分にあります。

また、銃の所持などが認められている国ですと、本当に強盗に遭う危険性は非常に高くなります。銃を見せびらかすだけで誰でも恐怖を感じますからね。

以上のように、ホテルでは置き引き、物品の盗難や強盗などに注意しなければなりません。特に、ホテルに宿泊するような顧客は、大半がお金をある程度持っている顧客層ですから犯罪のターゲットとなりやすくなります。宿泊客もしっかりと、防犯意識を持ってホテルを利用すべきですが、ホテル側もなるべく防犯を意識したホテル経営を築くことが大切となります。

記事貴重品は肌身離さず!ショッピングセンターでの置き引きから学ぶ

ホテルの防犯カメラ設置の注意点

ホテル側も防犯を意識したホテル経営をする必要があるとはいえ、防犯カメラを設置するにもどういった点に注意すべきでしょうか。やはり、防犯カメラに映るのは犯人ばかりではなく従業員や宿泊客も写り込むようになります。当然ですが、見境なくカメラを設置するようものならば宿泊客のプライバシーまで映すことになりかねません。

そのため、ホテルで防犯カメラを設置する場合は、いくつも注意点を持って運用しなければなりません。では具体的にどういったポイントを機を付けるべきでしょう。

なるべく最小限の設置に抑えること

あくまでも防犯カメラは、犯罪の防止のために設置するものです。ですので、自ずと設置すべき個所は限られてくるはずでしょう。人がたくさん集まる場所や貴重品などを預かる場所はしっかりと防犯カメラを設置すべきです。逆に、入浴設備や宿泊室などはカメラを設置する必要性は全くないはずです。

カメラが作動中であることを示すこと

そして、カメラが作動中であることもしっかりと明示しなければなりません。これは宿泊客にしっかりと認識させて隠し撮りにならないようにするためです。

カメラの運用者と責任をしっかりとさせておくこと

カメラはただ単に設置すればいいというものでもなく、しっかりと運用して管理する人を決めておかなければなりません。また、カメラを悪用した場合の責任についてもしっかりと決めておくことも必要です。

以上のように、カメラを設置する場合、宿泊客にしっかりと配慮して設置する必要があるのです。

これからのホテルの防犯対策を考えよう

これからのホテルはどういった防犯対策をしていくべきでしょうか。ホテル内でもしっかりと監視をする必要も大切です。これを怠ってはホテル自体の評判がダダ下がりになるはずです。しかし、ホテルのスタッフばかりが用心してもあまり意味がありません。やはりプライベート上、監視カメラを置くわけにはいかない場所もあるのです。

いかに、犯罪が起こる可能性があるからと言って個室にまで防犯カメラを置くのはやりすぎですし、宿泊客も不満をため込むに違いありません。そういった場所をカバーするために、宿泊客への防犯意識を高めることが大事となるでしょう。ですので、しっかりとスタッフからも宿泊客へ用心するように伝えることも大事となってくるのではないでしょうか。

また、ある程度本当にセレブの集まるようなホテルの場合は、警備会社から警備員を常駐させるという方法もあるかもしれません。防犯カメラによる機械よりも人に監視をさせて対応をさせたほうが柔軟性があるものです。

以上のように、ホテルの場合の防犯の今後は自分たちの努力だけで防犯システムを設計するのではなく、顧客に対しても防犯意識を持たせたりすることも大事となるでしょう。また、警備員を雇う事で柔軟な対応もできるようにするのもいいのではないでしょうか。もちろん、しっかりと自分たちの防犯システムの構築も怠ってはいけません。明らかな過失であると分った途端、信頼が地に落ちてしまう危険性があります。

防犯カメラの動画サンプルはこちら

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。