病院に潜む犯罪の影!急がれる防犯対策とは




神社仏閣や田畑など、本来犯罪と無縁であるべき場所の防犯対策が急がれています。病院もその一つ。聖域ともいえるそうした場所が狙われるのには、共通した理由があります。

それはあらゆる人物が自由に出入りでき、犯罪の対象が公にさらされている、ということです。特に、たくさんの人や物が関わる病院は、防犯対策も一筋縄にはいきません。

犯罪多発地点という側面をもつ病院の現状と、求められている対策をまとめてみました。

意外と知らない病院であった実被害とは

近年被害が増えているのは、ノートパソコンの盗難です。診察室やナースセンター、病理検査室に事務所、非常勤医師による持ち運び…、病院は情報の宝庫であり、至るところにノートパソコンがあることは、周知の事実です。

多くは外部犯によって行われ、転売での現金取得が主な目的とされているようですが、中に含まれる膨大な個人情報や研究データがどう使われたのか、実際のところをはかり知ることはできません。

他には、転売や使用を目的とした、薬や注射器の持ち出し被害も数多く報告されています。用法・用量に注意が必要な向精神薬や睡眠薬だけでなく、中には死に直結する麻酔薬など
の盗難もあり、命の危険を伴う犯罪です。

驚くことに、薬や医療器具の窃盗は、医療従事者、すなわち内部犯が大半です。病院の防犯対策が急務とされているのは、そこが人の生死を取り扱う場であるからです。

パソコンや医療器具の窃盗被害や情報流出にも無論対策は必要ですが、それ以上に、過去に実際に起こっている自殺を目的とした危険薬の持ち出しや、新生児の連れ去り、患者や

医師を狙った恨みによる傷害被害など、「対策をしておけば…」と悔やんでも悔やみきれない状況を防がなければならないのです。

記事歯医者さんでこんな被害がありました

病院で考えられる防犯対策はこれだ

まずすべき防犯対策は、エリアを分けることです。特に、大病院など出入りする人数が多ければ多いほど、それは重要といえます。

むやみやたらに防犯システムや警備を導入するのではなく、まずは管理や警備をしやすい体制を整えることが先決です。

入院患者のみが出入り可能なエリア、全職員が自由に入れるエリア、一部の医療従事者や患者のみが許されるエリア、など、人、物、内容、時間ごとに、あらゆる人物が出入りできるエリアとの区別をしっかりつけるのです。

そうすることで、必要な防犯システムの機能や警備人数の把握、調整が容易になります。新生児室や薬剤室など特殊な場所には特にしっかりとした

対策を、大勢の目にさらされるパソコンには厳重なワイヤーロックを、など、エリア分けにより現状の落とし穴が見えてくるはずです。

エリア分けは、外部にむけた防犯のみならず、関係者の背任行為抑止のためにも必要です。

立ち入りの限定に加え、危険薬などに重点を置いた高性能カメラでの監視や記録により、未然に防げる犯行が増えるでしょう。エリアを明確にし、それぞれに適切な防犯対策を行うことは、犯罪に対して有識であることや、犯罪を許さないという強い姿勢を、内部・外部へ示すことにもなるのです。

記事間違いだらけの防犯カメラ選び

防犯対策に終わりはない?気をつけなければいけない事とは

病院は、緊急事態と隣り合わせの場所。人手不足も相まってやむを得ない事情で部屋が無人になることも多々あるでしょう。ドアの自動施錠や、通報システムの強化、重要機器には厳重なワイヤーロック、パソコン画面の自動ロックやパスワードの徹底、簡単に破られないセキュリティシステムの導入など、緊急事態に備えた対策も日ごろから心がけなければなりません。

ただし、たくさんの費用をかけてそうした防犯対策に取り組もうとも、それが 100%の安全にはならないということを忘れてはなりません。通常の企業と異なり、守るべき対象は人、物、建物全てであり、限定されることはありません。

エリア分けをして何かに重点を置こうとも、従業員の意識の徹底が図れようとも、それで完了ではないのです。老若男女のあらゆる患者やその家族、多種多様の業者が出入りするわけですから、監視体制にも限界があり、プライバシー保護の問題も付きまといます。

良いシステムの導入や従業員の意識の徹底だけでは十分でなく、いかに多くの患者や関係者の理解を得て、全体で防犯意識を高められるか、ルールの統一や周知ができるかが見逃せない問題なのです。

ズバリ!病院全体を守る為に必要なこと

多くの人や物が関わる場所を犯罪から守るには、防犯システムの導入とともに、「人の目」が必要不可欠になります。警備員や従業員の見回り体制に加え、患者や業者が何か異変を見つけた際に気軽に報告しやすい環境を整えなければ、せっかくの高価な防犯システムも、たんなる事件の記録と化す恐れがあります。

従業員はもちろんのこと、警備員や業者の教育や意識徹底は、エリア分けと同様まずなされるべきことです。加えて、置き引きや情報漏えいを防止するポスターの貼付や、定期的な院内放送、防犯マニュアルや実際の事件例がまとめた冊子の配布で注意喚起をするなど、外部や患者に向けて、防犯に取り組んでいる姿勢を大々的に示すことも重要です。

それらは、決して小難しい文言ではなく、お年寄りや子どもにとっても理解しやすい内容でなければなりません。アナログであるこれらの防犯対策は、高性能な防犯システムと併用することで、相互に思わぬ効果をもたらすでしょう。監視や管理の意味での防犯対策と、抑止や周知の意味での防犯対策、そして費用と労力、病院全体を守るためには、そのどちらもおろそかにしてはならないのです。

病院への防犯対策を考えている方はこちら

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。