SNSでトラブルに遭わないための3箇条




ここ数年で一気に登録者数が増えたと言われているSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)。

中には本名で登録するシステムのものもあり、昔の友達と再会した、なんて嬉しいこともありますよね。

でもそのSNSの使い方一つで、ネットストーカーなどに狙われやすくなることをご存知ですか?

今回は「SNSでトラブルに遭わないための3箇条」と題して、安全対策を考えていきたいと思います。

その1・詳しすぎるプロフィールはNG!

SNSでは大体「プロフィールページ」があって、名前や住んでいる場所などを登録する仕組みになっていますよね。

でもここであまりにも詳しく自分のプロフィールを書いてしまうと、あとあとトラブルになりかねません。本名で登録するのが基本のSNSでも、出来るだけローマ字や違う名前などにしましょう。

SNSでは気軽に名前から検索できるようになっているので、誰かがあなたを検索しようとしたとき、名前が一番ヒットしやすいのです。

連絡先も何もかも削除したはずの元交際相手が、あなたのプロフィールから現状を読み取って連絡してきたりする可能性もあるので、メールアドレスや携帯電話の番号などは絶対にNGです。

プロフィールページは個人情報の塊。「ここが充実していないと意味がない」と思う人も多いでしょうが、逆に充実しすぎてネットストーカーなどの被害に遭う可能性も高いので、簡素なくらいがちょうどいいでしょう。

ストーカー対策には防犯カメラがオススメです。

その2・顔写真はNG!

「自撮り棒」などが流行っている今、SNSのタイムラインやプロフィールページに自分の顔写真を投稿する人も多いですよね。本当に知っている人だけしか見られないような場所ならともかく、SNSによっては誰もが見られる場合があります。

SNSに投稿した顔写真が、あなたの知らない間にネットに出回り、誹謗中傷を受ける可能性もあります。また、家族の写真を載せる人もいますが、それも絶対にNG。自分だけではなく、家族まで危険にさらされる可能性が高くなります。

中には子供の写真を投稿するお母さんやお父さんもいますが、それこそ子供の写真が出回って、どんなところで何に使われるかわかりません。「まだ子供だから」とはいっても、子供にもプライバシーがあります。それは親であるあなたが守らなければいけないものです。

無料の防犯イラストで対策を練りませんか?

その3・GPS機能はすぐにオフ!

スマホや携帯電話にはGPS機能が付いています。

初めて行く場所をナビしてもらったり、自分が遊びに来ている遊園地などをシェアしたり、便利な機能ですよね。でもその便利さが悪用されると、大変なトラブルを招いてしまいます。

GPSは位置情報を特定するものなので「自分が今どこにいて、何をしているか」が丸わかりになってしまいます。

SNSに投稿することで不特定多数の目に止まる可能性もあります。

例えば見られたくない、知られたくない人がそのSNSを見ていたら、ストーカー被害に遭う可能性も高くなります

実際にあった例として、彼氏の行動を見張るために、彼氏が知らないうちに彼氏のスマホのGPS機能を設定して、会っていないときに彼がどこで何をしているか、というのを監視している女性もいました。
GPS機能は新たな「束縛」の形を生み出してしまうのです。

自分がどこで何をしているか、知らないうちに誰かに監視されていたらイヤですよね。

そうならないためにも、自分のスマホはたとえ彼氏や彼女であっても触らせないこと、GPS機能をオフにしておくことは大事です。

GPSで家を特定された危険がある時に有効的なのが防犯カメラです。

SNSは個人情報だらけ

「SNSでトラブルに遭わないための3箇条」についてご紹介しました。一つくらいは「あ、自分もやってる!」と思えるようなことがあったのではないでしょうか。

本名やメールアドレス、携帯の番号や各種アカウント、顔写真やGPS機能など、SNSには個人情報がたくさん投稿されています。

これらの情報があれば、犯罪を企てる人には充分な材料になります。

ある日突然、知らないアドレスから大量にメールが届いたり、顔写真が出回って誹謗中傷のメールがたくさん来たり、GPSでいる場所を特定されてストーキングされたりと、様々な犯罪の可能性が考えられます。

昔の友達と再会出来たり、友達が増えたりといいことばかりに思えるSNSですが、トラブルに遭わないためにはこれらの3箇条をきっちり守って、安易に個人情報を垂れ流さないようにしましょう。

個人情報が流れてしまったら、安全対策を取りましょう。

当たり前になったSNSの利用。ですが、同時にトラブルに遭う危険性も秘めています。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。