小さな病院でも防犯カメラを設置するのが当たり前な時代




最近、病院へ侵入する窃盗犯が増えています。病院での盗難事件と聞くと、お金持ちの医者の金を盗むというイメージがあるかもしれません。

しかし、現実の事態はもっと深刻です。個人経営のクリニックなどは警備が甘い割に、盗まれると問題になるものがたくさんあります。

例えば、注射針などが病院から盗まれ、薬物乱用者に密売されているという事件が起きていますし、患者の病歴などの個人情報が入ったパソコンが盗まれて社会問題になってしまうこともあります。

このような被害が発生すると、金銭的被害はもちろん、病院の社会的責任も追求されてしまいます。小さい病院で貴重なものはないだろうと思わず、しっかり防犯体制を整備することが大切です。

うちの病院ほかより比較的小さいけど防犯カメラ設置する必要ある?

とは言っても、「そのような窃盗は大きな病院が中心で、ウチみたいな小さな個人経営の病院には関係ないのではないか」と考える方も多いでしょう。しかし、そう悠長に構えていられないのです。

2012年にはある窃盗犯3人組が逮捕されました。この窃盗グループは100件近い窃盗を行なって逮捕されましたが、うち半数は個人経営のクリニックに侵入したとみられています。なぜ50件近くも開業医を狙ったか考えれば、窃盗犯が小さなクリニックは窃盗が行いやすいと経験上知っていたからです。

小さい病院は大病院と違い、夜は誰もいないことがほとんどでしょう。また、病院と自宅が一体化していることがあっても、病院部分の防犯体制はさほどなく、やすやすと侵入することが可能です。

その割に、PCや注射針など、闇社会で高額で売ることが出来るものが多く、むしろそれを目当てに侵入することが多いのです。ですから、小さい病院だからといって安心することなく、防犯カメラなどの防犯装置をしっかり設置しておく必要性があります。

記事窃盗団から守ろう!宝石店での防犯

病院で実際におきた犯罪とそもほかの危険性

実際に病院等で窃盗などの事件が起きた事例を見てみましょう。

福岡県では、医者の自宅と、自宅に隣接した病院に窃盗犯が入り、手提げ金庫や机、タンスなどに保管しておいた現金350万円が盗難されています。この350万円は病院の運営費であり、小さなクリニックでは多額の運営費が盗難されることはとてつもなく大きな負担になります。

この事件では防犯カメラなどは設置されておらず、施錠と現金を金庫に入れておくだけだったようで、プロからみればやすやすと犯行に及ぶことが可能だったことでしょう。

福井県では、病院の現金やパソコンが立て続けに盗難被害にあっており、大きな問題になりました。しかし、防犯カメラを設置したところ、病院に勤める看護師が盗難を行なっている現場を撮影。そのまま逮捕となりました。このように、防犯カメラは外部からの侵入のみならず、内部犯の犯行への対策としても有効です。

また、最近急増しているのが、病院や薬局から注射針や向精神薬・睡眠薬などの窃盗です。個人経営のクリニックは防犯体制が甘いわりに、貴重なものがおいてあるとは先程も書きました。

しかし、窃盗してもかさばらず、闇社会で高額で売ることが出来るため、窃盗犯にとっては宝の山なのです。麻酔薬や、精神薬などの窃盗事件が年250件にものぼります。薬局のみならず、病院・診療所や卸問屋からも盗まれる事件が発生しています。

個人情報の入ったPCもまた高額で売れるものの一つです。中に入っている個人情報を名簿屋と言われる業者に密売するケースがあります。その業者が詐欺グループなどに転売し、詐欺グループは病気が治るなどと偽り高額な商品を患者に売りつけようとすることもあります。

このような事件が発生すると、病院や薬局の経営者が社会的な責任を果たしていない、と批判されることもあります。ですから、しっかりとした防犯体制を構築することは、人の健康と命を預かる病院としては義務とも言えます。

小さめの病院でもこんな防犯対策できます

「でも、病院の運営も楽ではないし、忙しすぎて防犯に手が回らない」という医者も多いでしょう。しかし、万が一のことが起きては、病院の閉鎖も考えなければならないほどの問題を抱えることになります。

まずは、病院にどのような物がおいてあり、それが簡単に盗まれてしまうかどうかの見直しから初めてはいかがでしょうか。

また、防犯カメラの設置やセキュリティ会社と契約することも必要です。とくに防犯カメラはしっかり設置していれば、窃盗犯はそれだけで犯行を諦めることがあります。「もっと楽に盗める病院は他にもある」と犯行を留めさせることが可能になるのです。

防犯とは、「他のところより少しでも犯罪を起きにくくする」という点がポイントです。周囲の病院の防犯度が50%だとしたら、55%の防犯体制を整えておけば、犯罪は起きにくくなるのです。ですから、防犯カメラなどの装置を設置することは小さい事のようですが、決して無駄ではありません。

繰り返しますが、病院は市民の健康と命を守るところです。ですが、病院で犯罪が起きてしまえば、その使命に疑問符を付けられてしまいます。

そうならないように、一刻も早く防犯体制を整えることが、医者としての責務になっています。今一度、病院の防犯体制の見直しをぜひ行なってくださいね。

記事信用を失わないために!病院の徹底した防犯対策を

え?まだ、対策されていませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。