身近な駐車場での犯罪から身を守ろう




生活をするうえで車は必要不可欠なものですが、この車を停める駐車場に多くの犯罪が潜んでいます。

駐車場にも自宅の駐車場やコインパーキング、ショッピングセンターの駐車場と多岐にわたってありますが、この駐車場での犯罪を防ぐための防犯カメラの設置を多方面から考えていきましょう。

駐車場で考えられる犯罪とは

駐車場で考えられる犯罪は、車の所有者に対して起こるものと駐車場の管理者に対して起こるものに分けられます。

車の所有者に対して起こる犯罪は、自動車盗難(車両盗難)、車上狙い(ノートパソコン盗難による情報漏えい)、部品狙い、カーナビ盗難など高額なもの目当ての窃盗があります。それだけではなく、最も回避したいのは強盗、傷害、強姦、恐喝、子供の誘拐や殺傷事件、ひったくりなどの人的被害があげられます。

駐車場の管理者に対して起こる犯罪は、建物へのいたずら書き、公共施設の場合は自動販売機狙い、料金不払い、精算機荒らし、器物破壊です。

窃盗の場合、犯人は見つかったとしても盗まれたものというのは、持ち主のもとに返ってくる確率が30パーセントと残念ながらあまりないというのが現状です。

駐車場に防犯カメラを検討中の方はこちら

実際の事件ではどのような手口で行われているのか

では実際の事件ではどのような手口で犯行が行われているのでしょうか。

今年の5月に昭和大藤が丘病院の産婦人科に勤務する男性が患者などのデータ4万8612件が入ったハードディスクをコインパーキングで窃盗されました。男性が所有する自家用車の後部ガラスが割れており、ハードディスクが入った手提げかばんごと持ち去られました。

この男性の所有する自家用車が被害にあうだけではなく、多くの人の個人情報の漏えいというとても甚大な被害になってしまいました。このように窃盗犯にとっては駐車場というものは侵入しやすく宝の宝庫でしかないのです。

防犯系のフリーイラストはこちら

駐車場での防犯カメラ設置

車の持ち主がきちんと車にキーをかけていて万全だと思っても、上述したようにガラスを割られて中の物が盗難にあうケースが非常に多いものです。

駐車場での車上荒らしを防ぐには個人の対策はもちろんですが、防犯カメラを設置するなどしてきちんと対策をすることが肝心です。

広い駐車場では高性能な高感度の防犯カメラを置いておくことで、例えば窃盗犯の顔を認識することができるでしょうし、逃げた車のナンバーを認識することだって可能になります。

さらに夜間に多い暴行や強姦などへの対処として暗闇でも顔が認識しやすい防犯カメラを選ぶのが良いでしょう。
年々画像の質が良くなり進化している防犯カメラですが、新しいものがでているのにも関わらず以前の防犯カメラを設置してから10年や15年経過していたとなると、画質が粗く犯人の特定ができないくらい古いものであったりします。

購入するとまた新たに性能が良いものが出てきた場合にそちらを導入したいと考えますが、防犯カメラは設置する費用なども含めてやはり高額なものが多く、次から次へと変えるのはなかなかできないと思います。そういった場合には防犯カメラをレンタルするという方法があります。

レンタルであれば、一定期間借りてその後新しい機種が出ても月単位で変えやすいですし、レンタル会社の担当の方にどの新しい機種が所有する駐車場に適しているのかを定期的に教えてもらったりもできるかと思います。

そして、犯罪が多く広い駐車場にとっては最新の防犯カメラを導入して事件後に犯人を捕まえやすくなるのでとても良い方法ではないでしょうか。

まとめ

駐車場ではあらゆる事件が起きやすく、いつ自分の身に降りかかってもおかしくない状況です。

経営者の方はもし自分の所有する駐車場などで窃盗など多発してしまったら利用者が減ってしまうリスクもあることなども考え、個人の方は自宅の駐車場は窃盗犯や事件にあいやすい作りではないのかを考えて防犯カメラ設置などを今一度考えてみてください。

対策を施さずに駐車場で犯罪が多発してしまうと、経営にも響きます。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへお気軽にご相談ください。