ローリングストック法~食料保存の新しい考え




2011年の東日本大震災以来、さまざまな面から私たちの生活が見直されてきました。
そしてまた、首都直下型地震や南海トラフといった巨大地震の可能性に、もう他人事ではないと顧みる機会も与えられました。

最近は、設備の補強やメディアのアナウンスといった公共機関に頼らずに、自助する形の警戒心をもつことが重要視されています。

つまりは、《保存食や保存水などの食料品を備蓄する》《非常の出来事にも対応できるよう懐中電灯やラジオを持ちあわせておく》このような防災意識を心掛ける必要があるということです。

大災害がいつ起こるか分かりません。
出来るうちに、出来ることを取り組む姿勢が大切なのです。

食料の保存は賞味期限に気をつける

もちろん備蓄の準備は早いに越したことはありませんが、時間の経過とともに、備蓄したこと自体を忘れてしまうという恐れもあるでしょう。
使う頻度が極端に低いものを忘れてしまうのは、仕方がないことではあります。

ですが、あまりにも長期の賞味期限がある食料を大量に保存しておいたところで、その管理ができなければ何の意味もありません。
平和に暮らしている状態が1番良いことですが、イザという時のために、保存食の期限が長ければ長いほど注意深くなる必要性が出てきます。

保存食を備蓄しておく行為は安心感に繋がりますが、油断をすると”無意味”となってしまうことを忘れずにいましょう。

非常の事態に際しては咄嗟の判断が、文字通り生きるか死ぬかを決定づけてしまうのです。
この一般論は多少間違っているところがあるので、是非今回の新しい考えを理解してほしいと思います。

ローリングストック法とは?

保存食の保存方法の1つである、ローリングストック法をご存じでしょうか?この方法は、最近の防災への関心の高まりによって登場してきた画期的な方法です。

ローリングストックを単純に和訳すると、『回転させながら蓄えておく』という意味になります。

常備された保存食のストックの一部を普段から使い、使った分だけ新しくストックするというサイクルで食べ回すという方法です。

この方法の利点とは、保存食のことを記憶に留めておくことができるということと、普段から食べ慣れている食品を非常食として食べることができるということです。

この方法を用いることによって、非常食が普段から食卓に並ぶようなメニューに出来る状態になるかもしれません。

例えば、カップ麺やレトルト食品など普段から食べる食品があるかと思いますが、これらを余分に買いだめておくことで、保存食として備蓄しておくことと同じになるのです。

a1180_008880

常日頃から口にしている食品なら抵抗感もなく、非常時にこのようなものが食べられるということで安心感を得られるでしょう。

このような食品をローリングストック法として取り入れることによって、賞味期限を特別長いものにする必要性がなくなります。

むしろ長期の賞味期限の食品では、記憶の彼方へと忘れ去ってしまう可能性が高まるのでお薦めしません。

大切なのは、非常事態において落ち着いて対応できる日常生活・環境を確保することなのです。長期間保存できる保存食にももちろんメリットはありますが、このような方法も保存食を備蓄するという1つの手段です。

もしもスーパーに行ったら、いつも食べている食品をちょっと多めに買ってみませんか?

e6d5fdc0602f6f4dc90abe295483906e_s