倉庫の防犯対策をしていますか.規模に関わらずしっかりチェック




倉庫は、個人で所有する小さなものや、企業が管理する大型倉庫など、管理者や保管しているものも多岐にわたります。

倉庫の規模にかかわらず防犯対策をしっかりと行う必要性が生じています。

青森で木箱180個分の「サンふじ」が盗まれる

4月3日、青森県警黒石署はリンゴおよそ1万5千個が盗まれたことを発表し、捜査を開始しました。このリンゴは「黒石りんご商業協同組合」が管轄している倉庫にある木箱180個分の「サンふじ」です。

事件の経緯は3月27日お昼ごろ、木箱の数が減っていることに気付いた搬入業者により発覚。犯行に及んだのは3月19日午後4時以降だと推測されます。

倉庫の管理状況は捜査中ですが、施錠は利用各者に任されていたようです。

このニュースのポイント

今回約1万5千個という大量のリンゴが盗難被害にあっています。農作物の盗難は農家にとって大きな打撃となります。

また被害にあったとみられる日から、判明した日まで一週間ほど経っています。施錠については各販売業者に任されていたことから、全体として管理や防犯に関する明確なルールは無く信頼関係で成り立っていたようです。

記事花壇で育てた花が何者かにへし折られるので監視カメラを設置して犯人をつきとめたい!

盗まれる大量のもの、大きなもの、重いもの

企業が管轄する規模の大きな倉庫は厳重な管理体制が敷かれているところもありますが、個人が所有する倉庫や、地域や組合が所有する倉庫は、施錠すら行われていない場所も多くあります。倉庫の中には容易に運ぶことのできないものも多く、「盗まれないだろう」という過信が大きな被害につながることもあります。

農家の倉庫の場合は、農作物や農業機械も狙われます。盗難の犯人は複数犯だったり、グループで組織的に犯罪を繰り返すこともあり、大量の商品、大きく重い機材なども根こそぎ持って行かれてしまうこともあるのです。

二重三重の防犯対策を!

無人になる時間帯が多い倉庫では、まず施錠を重点的に行いましょう。

倉庫に施錠をすることはもちろんですが、倉庫内の機材などには単体でロックやチェーンを掛ける、警報機や防犯灯、防犯カメラの設置をするなど、複数の対策を併用して行います。監視する人が常にいない分、対策を充分にすることで大きな被害を免れることが出来るのです。

盗難が相次ぐ場合、手口が似ていると同じ犯人の可能性もあります。被害の情報共有をし、地域全体で防犯意識を高めるとより効果的です。大きな被害に合う前に、まずは出来ることから少しずつ対策を始めていきましょう。

防犯カメラの動画サンプルを見たい方はこちら

【ニュースの引用元】
産経ニュース > リンゴ1万5千個盗難 青森・黒石の組合倉庫

倉庫の防犯対策に防犯カメラの設置はオススメです。倉庫の防犯カメラ取り付けをお考えならセキュリティバーンズへ