ドライブレコーダーが防犯カメラにもなる?




ドライブレコーダーというと自分の車が事故に巻き込まれたときに十分な証拠として残せるものですが、このドライブレコーダーでも防犯カメラの機能がついたものが存在するのです。

ドライブレコーダーで証拠をつかんで車上荒らし撃退!

ドライブレコーダーというと、以前はタクシーやバス、トラックなどの法人ユースがメインでしたが、近年では価格も安くなってきたこともあり、個人に広がってきています。このドライブレコーダーですが、個人で利用する際はどういった使い方があるのでしょうか。

例えば、事故が起きた際に証拠として残すことができたり、もしも当たり屋が突然やってきても記録しておけるのでそこでお金をゆすぶられることもありません。身を守る術として有効ですね。また、こんな使用をしている人は少ないかと思いますが、ドライブに行った道のりを録画してそれを後から眺めて楽しむという方法もあります。

それだけではなく、これらの方法以外にもドライブレコーダーを有効活用する方法があります。それは防犯カメラとして使用する方法です。これにより、どこかに出かけた際に少し車を離れるときなどに安心することができます。

記事駐輪場で自転車やバイクの盗難、いたずらがあるので困っている

ドライブレコーダーを防犯カメラとして利用してみよう

普通のドライブレコーダーを防犯カメラの代わりに使用するとなると、機能的に難しいところがあります。まず衝撃検知タイプのドライブレコーダーだとできません。ですので、常時録画できる機能のタイプか、モーションセンサーを搭載しているものを利用するといいでしょう。

防犯カメラ機能のように使用しやすいドライブレコーダーの場合、車のバッテリーから電気を使用したり、常時電源のヒューズから電気をとることができますが、それだとバッテリーがあがってしまいます。ですので、電圧が下がったら自動的に電源を落とすタイプのものや、ドライブレコーダー自体にバッテリーが内蔵してあるものを使用したりするといいでしょう。

さらに、モーションセンサーと衝撃センサーが車に何か危険が及ぶと感知して自動録画でき、駐車監視が出来るモードがついたものもあります。また、買い替えなどで迷っている場合は、防犯カメラ機能がついているタイプのドライブレコーダーもありますので、犯罪を防ぐために検討してみてください。

防犯カメラをお考えのかたはこちら

きちんと対策のうえで取り付けを

防犯カメラ機能付きのドライブレコーダーを利用することになったからといって、犯罪が防げるわけではありません。

鍵をきちんとかけること、車の中にものを置いたりしないこと、窓をきちんと閉めることなど基本的なことを心掛けるとともに、用心するならば、普段小銭が入っているようなコンソールボックスやダッシュボードなど見えていない部分を空っぽにして何もないことを見えるようにしたりなど細かい部分にも十分注意することが犯罪から身を守るためにできる第一歩です。

防犯系フリー画像はこちら

ドライブレコーダーは犯罪から身を守る手段となります。
仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。