これは知っておきたい!人事調査




企業防衛は大事、人事調査を用いて危険人物のブロックを

昨今の経済環境は企業に厳しい経営を強いています。グローバル化によって人材も流動化し始めています。しかし、人材の流動化が激しい時代だからこそ、人事調査を実施する必要があります。

一旦、危険人物を企業内部に入れてしまうと、それからの対処が難しいという一面があります。破壊活動、産業スパイによる情報漏えいなど、これらのトラブルを防ぐには危険な人物を最初から採用しない措置が必要です。

そのため、人事調査は企業にとって必要不可欠な調査なのです。

人事調査って聞いたことあるけどなに?

企業の人材採用の分野においては、稀に人事調査という言葉が聞かれることもあるかと思います。人事調査とありますが、一態どういった調査を指すのでしょうか。

人事調査は、企業の採用においてその人の同意なしにあらかじめ、その人の素性、家柄、性格、経歴を調査する総称として使用されています。

また、人事採用調査と呼ばれたり、身の上調査とも呼ばれることがあります。どうして、本人の同意もなくその人の素性について企業側は調査をするのでしょうか。

一番、大きいのは企業防衛という観点です。企業は事業を通じて収益を挙げて、投資家や労働者に利益を分配し社会に還元することが大きな目的となっています。

そういった、目的に真っ向から反対する思想を持っていたり、あるいはその様な活動の破壊を目論む人間を企業内部に入れないという観点から人事調査はなされているのです。

また、思想面以外にも他社の産業スパイの新入を防止するという観点もあります。産業スパイは企業の秘密や機密情報を探知し、他の企業へ朗詠させるという非常に悪質な任務を持っています。

企業の機密が外に流れては、その企業のライバルが力を持つことになり大きな損失となってしまう事もあるのです。

このように、企業防衛という観点から採用場面の前にその人の素性の調査を行いあらかじめ企業の不利益となる活動を防止するには人事調査が必要となってくるのです。思想面の問題から、産業スパイまで様々な面で人事調査をすることで防ぐことが出来るのです。

オフィスに防犯カメラを検討中の方はこちら

人事部が最低限確認したい人事調査

人事調査をするにあたって、あらかじめどのようなことを確認しておけばいいのでしょうか。あまりにも、その人の情報を確認し始めるとプライバシーの侵害にもなりかねません。ですので、項目を絞って調査してみることが必要となります。

人事調査で特に確認しておきたいのはその人の家柄、学歴、思想ではないでしょうか。企業活動に反感を持ち、破壊活動を目論むものは思想的な問題点が多くあります。いわゆる、共産主義的な考え方や、過激派の様な思想をその人が持っていると思われるならば、除外すべきでしょう。

また、学生時代にデモ活動や政治活動への参加経歴がある人物はどういった思想なのか要チェックすべきです。

そして、さらに確認しておきたいのがその人の前職です。どうして退職になったのか、以前はどのような会社に入っていたのか、しっかりとチェックすべきでしょう。産業スパイを防止するためには、あらかじめ前職を知ることも大切になってきます。

ただし、昨今は雇用も流動化してきており、さらにグローバルな経済社会になりつつあります。そのため、前職をチェックするのみでは産業スパイを防止することはできないかもしれません。

そのため、別の方面、雇用契約や不正競争防止法の厳格化などをもって産業スパイに対応する必要性もあります。

採用前に、あらかじめチェックしておきたい事としては、採用予定の人材の思想面、学歴、家族、そして前職のチェックなどはしておきましょう。

記事テナントビルで考えるべき防犯対策

人事調査の必要性

企業は雇っている労働者、そして投資家や資本家や銀行のために収益を挙げて利益を分配しなければなりません。こういった、利益の分配が適正に行わなければ、企業の経営活動を続けるのは不可能です。

しかし、こういった活動をよしとしない、あるいは不正な行為で別の企業が強くなることを良しとする人間もいるわけです。外からの攻撃に対しては適正に法律が働きますので、攻撃を防止することが出来ます。

しかし、内部からの破壊活動や機密情報の漏えいは問題解決をするのが非常に難しい問題です。とくに、機密情報が漏えいしたとして、漏えいさせた者を裁判で白黒付けて罰するためには当の機密を開示しなければならなくなります。
裁判をすることで、さらに企業は苦境に陥る可能性があるのです。

一旦、危険人物を企業内部に入れてしまうと、トラブルへの対処が難しくなってしまうのです。ですから、人材採用の時点で企業の経営活動を妨害する者をブロックしなければなりません。人事調査それだけで、十分なブロックが出来るとは限りません。他の方法も用いて適正にトラブルを防止すべきです。

ですが、最低限の防止活動としては人事調査は必要不可欠な調査です。自社の利害関係者が多い会社や、あるいは機密情報で扱っている製品やサービスから多額の売上が生じている企業は特に人事調査を強化する必要があるでしょう。大きな社会的責任を持っている企業こそ人事調査を実施して企業防衛に努めましょう。

記事盗聴被害を防止する7つのテクニック

社内の不正、犯罪を見逃していませんか?仙台の防犯専門会社セキュリティバーンズへご相談ください。